Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

「真っ赤な星」

小松未来と桜井ユキが寄り添う「真っ赤な星」予告公開、行定勲のコメントも

ナタリー

18/11/7(水) 7:00

小松未来と桜井ユキがダブル主演を務める「真っ赤な星」の予告編がYouTubeにて公開された。

学校にも家にも居場所がない14歳の少女・陽と、男たちに体を売って生計を立てる27歳の元看護師・弥生の日々を描く本作。「みつこと宇宙こぶ」の小松が陽、「娼年」の桜井が弥生を演じ、毎熊克哉、大原由暉らもキャストに名を連ねた。監督を務めたのは、山戸結希が企画・プロデュースを担当するオムニバス「21世紀の女の子」にも参加した井樫彩。

予告編には、本作のキーとなる赤いパラグライダーを陽が見つける場面やタバコをふかす弥生の姿のほか、2人が車内で寄り添う様子が収録された。後半では、Hump Backが手がけた主題歌「クジラ」が流れる。なお行定勲は本作に対し「物語に頼らない井樫の映画と向き合う覚悟に拍手を送りたい」と称賛のコメントを寄せた。

「真っ赤な星」は、12月1日より東京・テアトル新宿ほか全国で順次ロードショー。

行定勲 コメント

傷つき沈んだまま飛べないでいる2つの魂の救済。
その不安定な感情を露わにする2人の女優のぶつかり合いが真っ直ぐに突き刺さった。
物語に頼らない井樫の映画と向き合う覚悟に拍手を送りたい。

(c)「真っ赤な星」製作委員会

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play