Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「麻雀放浪記2020」より、斎藤工演じる坊や哲(右)とベッキー扮する八代ゆき(左)。

ベッキーがいかさま技「元禄積み」を華麗に披露、「麻雀放浪記2020」本編映像

ナタリー

19/3/30(土) 10:00

斎藤工が主演する「麻雀放浪記2020」の本編映像がYouTubeにて公開。それにあわせ、ベッキーと監督・白石和彌のコメントが到着した。

阿佐田哲也による小説「麻雀放浪記」を原作とし、1945年の戦後から東京オリンピックが中止となった2020年にタイムスリップしてきた天才ギャンブラー・坊や哲を主人公に据えた本作。

劇中でベッキーは、AIが搭載されたアンドロイド・ユキと麻雀クラブ「オックス・クラブ」のママ・八代ゆきの1人2役に挑んでいる。本映像では八代ゆきに扮した彼女が、麻雀におけるいかさま技の1つ「元禄積み」を披露。映像には「いかさまは勝つための技。技を使ってでも、勝たなきゃいけないときが人にはある」と坊や哲に力強く語りかけるゆきの姿が収められた。

1カ月間の特訓を経て撮影に臨んだベッキーは「監督からワンカットで元禄積みを撮りたいと伝えられ、“練習すれば何とかなるかなぁ”くらいに思ってしまったんですが、想像以上に大変でした」といかさま技の難しさを語っている。白石は「加賀まりこさんの美しさに少しでも近づこうという気持ちで撮影しました」と和田誠監督版の「麻雀放浪記」では加賀まりこがゆきを演じたことを引き合いに出し、「ベッキーはプロになるのかって勢いで練習してくれました」とその努力をたたえた。

「麻雀放浪記2020」は4月5日に全国ロードショー。

ベッキー コメント

監督からワンカットで元禄積みを撮りたいと伝えられ、“練習すれば何とかなるかなぁ”くらいに思ってしまったんですが、
想像以上に大変でした。1人かくし芸大会でした。笑
1カ月間特訓をして、オリジナル作品の『麻雀放浪記』へのリスペクトの気持ちも込めながら撮影させていただきました。
完璧ではないかもしれませんが、そのドキドキ感やライブ感も含め楽しんでいただけたら嬉しいです。

白石和彌 コメント

加賀まりこさんの美しさに少しでも近づこうという気持ちで撮影しました。
ベッキーはプロになるのかって勢いで練習してくれました。麻雀の腕もプロ並みになってるはずです。
もう一度ベッキーと麻雀打ちたいです。

(c)2019「麻雀放浪記2020」製作委員会

アプリで読む