Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

竹内まりや、実写版『ダンボ』日本版エンドソングを担当 コーラスには山下達郎も参加

リアルサウンド

19/3/6(水) 4:00

 3月29日公開の映画『ダンボ』の日本版エンドソング「ベイビー・マイン」を竹内まりやが担当することが決定した。

参考:映像はこちら

 ディズニーとティム・バートン監督が、国や世代を超えて愛され続ける名作を実写映画化する本作は、“大きすぎる耳”というコンプレックスを翼に変えて空を飛ぶ子象ダンボが、サーカス団の家族と共に、金儲けを企む者によって引き離された母象の救出劇に挑むファンタジー・アドベンチャー。

 「ベイビー・マイン」は、ウォルト・ディズニーが贈りだした『ダンボ』の劇中歌で、母親象のジャンボが、“大きすぎる耳”を持つ子象ダンボへの溢れるほどの“愛情”を歌うバラード。第14回アカデミー賞では歌曲賞にノミネートされ、これまでも多くのアーティストがカバーするなど世界中で歌い継がれてきた。

 今回の起用について竹内は「娘が幼い頃大好きだった『ダンボ』のビデオを一緒に観るたびに、「BabyMine」の歌のシーンでいつも涙したものです。まさか30年後に、この曲を私が歌う日が来ようとは! 懐かしいあの時代を思い出しながら、心を込めて歌わせていただきました」と、ご自身にとっても思い入れのある大切な曲であることをコメント。また、今回エンドソングを担当するにあたり、竹内自らが歌詞の翻訳監修を手がけ、バートン監督が“新たな物語“として描いた本作の「あなたはそのままでも輝いている、決してひとりじゃない」という重要なメッセージが綴られる。さらに、竹内のパートナーである山下達郎もバッキングコーラスとして参加することが決定している。(リアルサウンド編集部)

アプリで読む