Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

嵐 相葉雅紀&大野智の“天然コンビ”による名勝負も 「BABA嵐」から感じたグループのバランス

リアルサウンド

19/1/5(土) 7:00

 年末年始にテレビで見ない日がない、というほど大活躍だった嵐。櫻井翔が白組司会を務めた『第69回NHK紅白歌合戦』(NHK総合)から、20周年メドレーを5人揃って披露した『ジャニーズカウントダウン2018-2019 平成ラストの夢物語!ジャニーズ年越し生放送』、5人の素の表情が見られる『嵐ツボ』(ともにフジテレビ系)など、様々な一面を見せてくれた。

(関連:嵐 二宮和也、関ジャニ∞ 丸山隆平、King & Prince 岸優太…2019年年男ジャニーズへの期待

 そんな中、1月3日の『VS嵐2019 賀正新春豪華3時間SP』(フジテレビ系)ではババ抜き最弱王決定戦「BABA嵐」がオンエア。すっかり人気企画のひとつとなった「BABA嵐」だが、今回は相葉雅紀と大野智による“名勝負”が印象的だった。

 2人の勝負は、ディーン・フジオカ、滝沢カレンも参加した予選第3試合。試合前、「(表情が)読めないっすね」と自信なさげな大野だったが「あ、相葉ちゃんは(顔に)出るかもしれない」とニヤリ。一方相葉は、「最近好調なのよ」と神社に行き始めてから調子が良い、と明かし、「今日行けてないけど先週行ってるから大丈夫」と自信を見せる。そんな相葉に対し、櫻井は「やっちゃいそうな空気」とコメント(この予感は見事に的中する)。

 開始前から半分ほど飲み物を飲み干していた相葉は残り枚数4枚からスタートし、あっという間に残り枚数1枚に。しかし、ジョーカーを持つ滝沢がボタンを押し、「シャッフルタイム」へ。大野の元に滝沢の手札が渡る。その後ジョーカーは大野から相葉の元にわたり、あからさまに動揺した表情に。そしてジョーカーは相葉から滝沢、滝沢から再び大野へ。ディーンに続いて滝沢が2位抜けしたことで、相葉と大野の間をジョーカーは行ったり来たり。あまりの“最弱王”ぶりに今田耕司は「(最弱王の)白いジャケット2枚でいい」とツッコミを入れるほど。しかし、ついに大野がジョーカーではないカードを引き、相葉の決勝進出が決定した。

 そして決勝前、大野は死闘を繰り広げた相葉へのメッセージを求められると「どっちでもいいよ」とまさかのコメント。最終的に相葉は史上最多5度目の“最弱王”となり、前最弱王・北村 一輝から「相ババくん」とからかわれていた。

 相葉と大野という“天然コンビ”の真剣ながら、どこか微笑ましい勝負が見られた今回の「BABA嵐」。嘘のつけないまっすぐな2人が、ひたすらジョーカーをやりとりする“名勝負”は彼らの性格を表した行動だったように思う。平和主義とも言える2人に加え、これまで一度も最弱王になっていない二宮和也、負けず嫌いの松本潤、論理的で冷静な櫻井から成る嵐。「BABA嵐」は、5人のバランスが絶妙であることを改めて感じられる、愛すべき企画だ。(竹上尋子)

アプリで読む