Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

スペースノットブランク「フィジカル・カタルシス」初演より。

スペースノットブランクが“舞台芸術に成る以前のダンスを考察”

ナタリー

19/4/29(月) 15:48

スペースノットブランク「フィジカル・カタルシス」が、5月10日から12日まで東京のシアター・バビロンの流れのほとりにてで上演される。

本作は、小野彩加と中澤陽によるスペースノットブランクが、“舞台芸術に成る以前のダンスを考察し、躰のために新しい動きのメソッドを確立する”ことをテーマに掲げて挑む作品。1月に初演され、今回が再演となる。演出を小野と中澤が手がけ、振付・出演には俳優の瀧腰教寛、パフォーマーの花井瑠奈、ダンサー・振付家の山口静が名を連ねた。

上演に向けて、小野と中澤は公式サイトに連名で、「それは多様な選択ができるものとする。それは躰の内在と外在から構築される。それは作家のためだけのものではない」とステートメントを発表している。

スペースノットブランク「フィジカル・カタルシス」

2019年5月10日(金)~12日(日)
東京都 シアター・バビロンの流れのほとりにて

演出:小野彩加、中澤陽
振付・出演:瀧腰教寛、花井瑠奈、山口静

アプリで読む