Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

THE YELLOW MONKEY(撮影:三吉ツカサ[Showcase])

THE YELLOW MONKEY「9999」武道館試聴会、全13曲をメンバーがサプライズ生演奏

ナタリー

19/3/28(木) 22:37

THE YELLOW MONKEYが4月17日にリリースするニューアルバム「9999」の最速先行試聴会が、本日3月28日に東京・日本武道館で行われた。

「9999」はTHE YELLOW MONKEYが2000年に発表した「8」以来、約19年ぶりにリリースするオリジナルアルバム。この日の試聴会には約5万通以上の応募の中から、アルバムタイトルにちなみ9999名のファンが招待された。

2階席まで満員の武道館が固唾をのむ中、開演時間を迎えると場内の大きな紗幕にはメンバーがロサンゼルスで「9999」のレコーディングに臨むドキュメンタリー映像、そしてアルバムに対する思いを語るインタビューが流れる。映像が終わり、武道館に響いたのは菊地英昭(G)が鳴らす1曲目「この恋のかけら」の力強いギターイントロ。ギターの音が止み、一瞬の静寂のあとに紗幕が落とされると、その向こうにはステージとバンドセット、そしてTHE YELLOW MONKEYのメンバー4人の姿が。場内にはすさまじいどよめきが起こった。

ファンのざわめきが止まぬまま、4人は「この恋のかけら」の重厚なサウンドを生演奏で武道館に響かせる。曲が終わり大歓声と拍手が鳴り響いたあとは「天道虫」「Stars」「ロザーナ」となど再集結以降にリリースされた楽曲、さらに退廃的な雰囲気を漂わせる「Love Homme」、骨太なギターサウンドを聴かせた「Breaking The Hide」といったこの日初公開の楽曲など、アルバム収録曲をトラックリスト通りに演奏していった。

後半の「Horizon」では出だしの歌詞を吉井和哉(Vo)が間違えるハプニングが。吉井は「ごめんなさいー!」と叫んで演奏を中断し、「一番大事な曲なのに」と苦笑い。そして「間違えたついでに……(笑)」とこの日初めてのMCを始め、「今日は試聴会なので喋らずに演奏に徹しようと、MCもなしにここまで来たんですが……正直しんどかったです(笑)。自分の年齢を忘れてました(笑)」と告白し、集まったファンを笑わせた。

会場の空気が和んだところで、4人は改めて「Horizon」を演奏。そして初公開の新曲「Titta Titta」、再集結後初めて発表された楽曲「ALRIGHT」と続き、アルバムの最後を飾る「I don't know」へ。吉井はメンバーを代表し、「武道館で試聴会なんて前代未聞です、いろんな大人の問題もあります(笑)。でも何年も待ってもらったファンに一緒に聴いてもらうなら、我々が生で演奏するのが一番いいんじゃないかと」とこの日の試聴会に込めた思いを語り、大きな拍手を浴びていた。

「今度はツアーでお会いしたいと思います。今日は本当にありがとう」という吉井の言葉に続き、「I don't know」を披露した4人は笑顔でステージをあとに。会場にはファンからの感謝の拍手や歓声が響いた。

この試聴会の模様はBSスカパー!にて4月6日(土)に「速報版」が、5月19日(日)に「完全版」が放送される。

THE YELLOW MONKEY「9999」世界最速先行試聴会 2019年3月28日 日本武道館 セットリスト

01. この恋のかけら
02. 天道虫
03. Love Homme
04. Stars(9999 Version)
05. Breaking The Hide
06. ロザーナ
07. Changes Far Away
08. 砂の塔
09. Balloon Balloon
10. Horizon
11. Titta Titta
12. ALRIGHT
13. I don't know

BSスカパー!「THE YELLOW MONKEY 9th Album『9999』世界最速先行試聴会(速報版)」

2019年4月6日(土)22:00~ ※無料放送

BSスカパー!「THE YELLOW MONKEY 9th Album『9999』世界最速先行試聴会(完全版)」

2019年5月19日(日)21:00~

アプリで読む