Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

©2019「劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」製作委員会 ©マイディー/スクウェア・エニックス

坂口健太郎×吉田鋼太郎が父子役 『光のお父さん』が実写映画化、特報公開

CINRA.NET

19/3/24(日) 12:00

映画『劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』が6月21日から全国で公開される。

同作は、息子であることを隠して父とオンラインゲームをプレイする日々を綴り、累計アクセス数が1千万を超えた連載ブログをもとにした作品。同ブログはSNSなどで話題を集めて書籍化され、2017年には大杉漣と千葉雄大が父子役を演じてドラマ化された。

スクウェア・エニックスの全面協力を得て映画化される『劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』は、仕事一筋で単身赴任中だったが突然会社を辞めて家に帰ってきた父の本音を知ろうと、息子のアキオがオンラインゲーム『ファイナルファンタジーXIV』の世界に父を誘導し、自分の正体を隠して共に冒険に旅に出る「光のお父さん計画」を思いつく、というあらすじ。

顔も本名も知らないゲーム仲間たちに計画への協力を呼びかける岩本アキオ役を演じるのは坂口健太郎。家族も知らない意外な顔を持つ父・岩本暁役を吉田鋼太郎が演じ、ダブル主演を務める。さらにアキオの同僚・里美役に佐久間由衣、アキオの妹・美樹役に山本舞香、アキオの会社の先輩・吉井役に佐藤隆太、アキオの母親役に財前直見がキャスティングされている。

またゲームキャラの声優として南條愛乃、寿美菜子、悠木碧が参加。実写パートの監督は野口照夫、ゲームパートの監督は山本清史が務め、脚本を吹原幸太(ポップンマッシュルームチキン野郎)が手掛ける。

今回の発表とあわせて、ポスタービジュアルと特報が公開。ポスタービジュアルにはパソコンの画面を見ながら微笑むアキオと、険しい表情でコントローラーを握る暁の姿が写し出されている。ビジュアルの中央にはアキオが『ファイナルファンタジーXIV』で使用するキャラクター・マイディーに向かって、暁の使用キャラクター・インディが膝をつく様子が描かれている。

「いつからだろう?父との間に会話がなくなったのは……」というアキオの言葉で始まる特報では、父・暁の背中を見つめるアキオの姿や、ゲームの中のマイディーとインディの様子、暗い部屋で必死にゲームをプレイしているところをアキオに見つかってしまう、暁の気まずそうな表情などが確認できる。

アプリで読む