Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「TRUST NIGHT2018」出演者による集合写真。(撮影:木下了太)

EVERLONG、ENTHら12組がレーベル愛見せた「TRUST NIGHT」終幕

ナタリー

18/11/25(日) 17:31

名古屋のインディーズレーベル・TRUST RECORDS主催のライブイベント「TRUST NIGHT2018」が11月18日に愛知・Zepp Nagoyaにて開催された。

イベントにはmoon drop、ニアフレンズ、All Found Bright Lights、Maki、LUCCI、KUZIRA、POT、SAME、ENTH、EVERLONGという同レーベルおよび姉妹レーベルに所属する10組に加え、オープニングアクトとして名古屋出身のSideChest、大阪出身のカネヨリマサルの2組が出演。会場にはBACK LIFTやTHREE LIGHTS DOWN KINGSなどの卒業生を含む同レーベルおよび姉妹レーベルの楽曲がBGMとして流れるなど、観客はレーベル設立からの12年間の歴史を感じながらライブを堪能した。

姉妹レーベル・BUNS RECORDSに所属するSideChestが情熱的なライブでイベントの幕を開けると、レーベル代表の綿谷剛氏が「本当に素晴らしい才能と可能性を持ったバンドだと自信を持ってお勧めできる」と太鼓判を押すガールズバンド・カネヨリマサルはちとせみな(G, Vo)の力強い歌声で観客を惹きつけた。

オープニングアクト2組が終わり、本編のトップバッターとして登場したのはmoon drop。浜口飛雄也(Vo, G)が「Zepp、歌えますか!」とオーディエンスに問いかけ、バンドは「君に捧ぐ」でライブの口火を切った。浜口は「俺は自分の好きなことを気まぐれでもなんでも、好きなように歌ってる。けれど今日だけは、今日だけは、レーベルの仲間と社長・わたさんの、みんなの夢を歌いにきました」と告げ「花束のかわりに」を歌い上げた。ニアフレンズはミドルテンポに乗せた「エバーユース」「トワイライト」で観客を自らの世界観に誘っていく。MCでは池田篤(Vo, G)が「次にZeppに帰ってくるときは2時間くらいできるようになって帰ってきます」と、再び同会場でライブを行うことを約束。ラストナンバー「あなたには」では曲中に「トラスト好きなお前らが負けるわけないやろ!」とメッセージを送るなど、彼らは終始熱量あふれるステージングを見せた。

All Found Bright Lightsは最初に初期ナンバー「PM4:20」を投下して、ファンを喜ばせる。Takuya(B)、Kento(G)、Kouhei(G)がステージの端から端までを使いアグレッシブにパフォーマンスし、観客もバンドの熱演に応えるようにモッシュやマイクジャックなどを繰り返していた。終盤にはYoshiaki(Vo)が「後輩、先輩、いろんなやつが名古屋を出ていきます。俺たちも見ているだけじゃいられない、何かしないとと思ってここに立っています!」と決意を口にしていた。「Zeppに立っただけでは終わらせたくない! 今日は一番を取りに来ました!」と意気込んだMakiは、「生活の行方」「秋、香る」といった叙情的な日本語詞の楽曲で観客を酔わせていく。ラストナンバー「シモツキ」では佳大(G)がダイブする一幕も。最後に山本響(B, Vo)が「大きいライブはあっても、小さいライブハウスなんてないんだ! 栄Party'zから来ました、Makiでした!」とホームのライブハウスへの愛を叫んでステージをあとにした。

LUCCIは、初期ナンバー「Q&A」、情けなさと愛しさを詰め込んだラブソング「愛は真心、恋は下心」「ボーイフレンド」を続け、三浦弦太(Vo, G)の優しい歌声で会場を包んでいく。途中、トラブルにより三浦がKUZIRAの末武竜之介(G, Vo)からギターを借りるも、エクスプローラータイプが似合わず会場から笑いが起きる場面も。三浦は照れ臭そうに「仲間のおかげであと2曲演奏ができます」と笑い、バンドは「ミサンガ」「FROG」を楽しげそうに演奏した。続くKUZIRAはリハーサルでTHRASHOUTやFive State Driveなど仲間の楽曲をプレイして盛り上げていく。そして末武が「最高の夜にしようぜ!」と声を上げ、「The Weak」で本編をスタートさせた。今年8月にTRUST RECORDSから初の全国流通盤をリリースしたばかりの彼らだが、「TRUST RECORDSの歴史は俺らで作っていく!」「TRUST RECORDSと日本のバンドシーンの未来は俺たちに任せてください」と胸を張り、「Muggy」「Snatch Away」といったメロディックパンクチューンを連投していった。彼らが予定セットリストをすべて終えたあともオーディエンスは3人のプレイを求め続け、バンドは最後にこの日2度目となる「Muggy」をドロップ。25分間で13曲を駆け抜けた。

POTは腰椎椎間板ヘルニアのためライブ活動を休止していたよしくん(Vo, G)がこの日のステージで復活。彼らは1曲目「JODEL」でよしくんの復活を祝福しつつ、4人での活動再開を喜んだ。その後「EPIC」ではファンがジャンプを繰り返し、「Hustle Night」「Hustle Carnival」の“ハッスルシリーズ”ではモッシュやクラウドサーフが発生するなど、場内にはハッピーなムードが満ちた。SAMEは「青い鳥」で会場いっぱいのシンガロングを生み出したあと、橋本卓磨(Vo, G)と大橋武留(G, Cho)のギターが絶妙に絡み合う「ジャーニー」を聴かせる。今年に入り、橋田理(B, Vo)と冨田将里(Dr)が立て続けに脱退し、現在はサポートメンバーを迎え入れて活動しているSAME。2人は「TRUST RECORDSがなかったらバンドを止めていたかもしれない」とレーベルやファンへの思いを吐露して、エモーショナルな演奏を続けた。

今やレーベルの顔となるまでに成長したENTHは「Will」でライブを勢い付けると、daipon(Vo, B)の感傷的なボーカルが胸を打つ「ムーンレイカー」、ユニークな展開が印象的な「HANGOVER」、daiponが「拳を上げろ!」と声を上げた「Crime in my mind」と、パンキッシュなナンバーを畳み掛けて観客をヒートアップさせていく。daiponが「わたさんが見てきた12年で1番カッコいいのお見舞いします!」と宣言してからプレイされた初期のキラーチューン「Get Started Together」ではdaiponがマイクをフロアに投げ込むなど、3人はパワフルなステージングでオーディエンスと、綿谷氏の感情を揺さぶった。イベントのトリを務めたのは現在の所属バンドの中で最古参となるEVERLONG。彼らは初めて作った曲だという「Sing」で幕開け。夏の終わりを歌った切ない「イサナ」や、会場中がそろいの振り付けで体を揺らした「POPダイバー」などを届けたあと、Mitsuhiro(Vo, B)は「TRUST RECORDSに入って悔しいこともうれしいこともいろいろなことがあった。どんなときでもずっとそばに仲間がいたこと、それが何より幸せだ」とレーベルとレーベルメイトへの思いを述べ、スロナンバー「深呼吸」「ヨナギ」でライブ本編を温かく締めくくった。アンコールではレーベルを代表して「TRUST RECORDSはこれからもいろいろなところへ行く、いろいろなところであなたたちを幸せにする、楽しませる!」と宣言してから「オレンジ」を演奏し、イベントの幕を下ろした。

「TRUST NIGHT2018」
2018年11月18日 Zepp Nagoya セットリスト

SideChest

01. Days
02. 再三再四
03. Green
04. 茜

カネヨリマサル

01. 恋人
02. タンブラー
03. もしも

moon drop

01. 君に捧ぐ
02. アイボリー
03. オレンジ
04. 花束のかわりに
05. 至福の時を

ニアフレンズ

01. エバーユース
02. トワイライト
03. 未だ見ぬ明日へ
04. ブレイブハート
05. 生きているから
06. あなたには

All Found Bright Lights

01. PM4:20
02. Cowabunga
03. Faith
04. Navy
05. Get Up
06. Space Out
07. Nevermind

Maki

01. 五月雨
02. 生活の行方
03. 碧落に月
04. 秋、香る
05. 文才の果て
06. シモツキ

LUCCI

01. Q&A
02. 愛は真心、恋は下心
03. ボーイフレンド
04. ミサンガ
05. FROG

KUZIRA

01. The Weak
02. Wing It
03. Blue
04. Muggy
05. Clown
06. Missed my stop
07. In The Deep
08. Detour
09. Ambivalent Attitude
10. Castaway
11. Snatch Away
12. Box
13. Muggy

POT

01. JODEL
02. EPIC
03. Hustle Night
04. Hustle Carnival
05. BA-DONKA-DONK
06. YOLO
07. Supra

SAME

01. 青い鳥
02. ジャーニー
03. ペパーミント
04. GET OVER
05. ファンファーレ
06. Canvas

ENTH

01. Will
02. ムーンレイカー
03. HANGOVER
04. Crime in my mind
05. Get Started Together
06. Gentleman Kill
07. Bong! Cafe' au lait! Acoustic guitar!
08. NO FATE

EVERLONG

01. Sing
02. あなた
03. イサナ
04. POPダイバー
05. 深呼吸
06. ヨナギ
<アンコール>
07. オレンジ

※記事初出時、写真キャプションに誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

アプリで読む