Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

映画「えちてつ物語~わたし、故郷に帰ってきました。~」初日舞台挨拶に登壇した(左から)児玉宜久監督、横澤夏子、緒形直人。

主演女優・横澤夏子の迫力に緒形直人「妹というより弟という感じ」

ナタリー

18/11/24(土) 17:00

横澤夏子の初主演映画「えちてつ物語~わたし、故郷に帰ってきました。~」が昨日11月23日に公開初日を迎え、東京・有楽町スバル座にて舞台挨拶が行われた。

福井県のえちぜん鉄道でアテンダントをしていた嶋田郁美のノンフィクション「ローカル線ガールズ」に着想を得て、「ショカツの女」シリーズなどを手がける児玉宜久がメガホンをとった本作。事故を起こし運行停止になった京福電鉄が「えちぜん鉄道」として復活した実話をもとに、お笑い芸人を目指していた女性が東京から地元へ戻り、再出発を図る姿描いている。

横澤は「主演女優で撮ってもらえると聞いたときにはびっくりしましたが、本日を迎えてドッキリじゃないんだと実感しました。ですがお客さまがちらほら笑っているところを見るとやっぱりドッキリだと思ってしまいます(笑)。こうやって大きなスクリーンで皆さまに観てもらえてありがたいです」と挨拶。共演の緒形直人について「演技を間近で見ることができて、すごく勉強になりました」と語ると、緒形は「横澤さんとは現場で初めてお会いして、目線の高さが僕よりちょっと上で迫力があるんですよね(笑)。バトルのシーンも妹というより弟という感じで、ちょっと力入れ過ぎたかなと思ったぐらいです。でも、一生懸命演じていて、女優としてとてもやりやすかったです」と述べた。

また児玉監督が「主演女優としては一か八かの感じでしたが、ギャンブルがうまくいったなという気持ちでした(笑)」と冗談交じりに横澤の演技を称賛する。横澤は「福井県民の方が観たら本当に福井県民でよかったなと思えるだろうし、また福井県以外の方には故郷っていいな、福井に行ってみたいな、と思ってもらえるような、なんともほっこりする映画になっておりますので、主演女優の横澤夏子と共によろしくお願いいたします」とアピールした。

(c)2018『ローカル線ガールズ』製作委員会

アプリで読む