Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

本郷奏多

本郷奏多がカレンダーお渡し会出席、「2018年は白く白くひっそりと生きた」

ナタリー

18/12/22(土) 13:30

本郷奏多カレンダー2019 -Color of Kanata-」発売記念イベントが、本日12月22日に東京・HMV&BOOKS SHIBUYAにて開催された。

2018年は「いぬやしき」に出演し、2019年に「凜-りん-」「キングダム」の公開を控える本郷奏多。カレンダーのコンセプトは“色”で、毎月1色をテーマに非日常感を演出しながら、12パターンの表情を見せていく。本郷は「4年連続、無事に作れてうれしい。4年間同じカメラマンで、大学時代からの親友、小暮和音に撮影してもらいました。また同じチームで作れてよかったです」と語る。

左右にセパレートされており、好きなように写真を変えられるカレンダーについて「好みに合った飾り方ができます」とアピールし、出来を司会者に聞かれると「100点」とはにかんだ。11月の黒いコーディネートに身を包んだ写真をお気に入りに挙げた本郷はその理由を「シンプルでカッコつけてるところがいい」と述べる。自身の今年を表す色を尋ねられると「白。昨今の芸能界は荒れているので、悪いことをしないように白く白くひっそりと生きていました」と話す。

続いて、来年の抱負を本郷がその場で色紙に執筆。「CMにたくさん出たい」と書いた本郷は「人を殺す役ばかりやっていたからか、10年くらいCMが来なかったんです。今年はひさびさにCMに出れて、『ついに出演できる日が来るとは……』と感動しました」とうれしそうな表情を見せる。ゲームやマンガが好きな本郷に記者が2018年のお気に入り作品を尋ねると「『キングダム』は出演が決まるまで読んだことがなくて、初めて読んだらめちゃくちゃ面白くて、2018年で一番刺さりました」とコメント。続けて「ゲームは『ファイナルファンタジー』のアプリをやったらどハマりして、ひたすらそれをやっています」と明かした。

1500人ものファンが集まったお渡し会では、穏やかな雰囲気の中、ファンとの交流を楽しんだ。

「凜-りん-」は2月22日、「キングダム」は4月19日より全国で公開。

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play