Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

指原莉乃、“人類で一番かわいい女”にイコラブ 齊藤なぎさを紹介 「今一番好き」

リアルサウンド

19/5/14(火) 12:00

 ネプチューン・くりぃむしちゅー・チュートリアルの7人の芸人によるトークバラエティー『しゃべくり007』(日本テレビ系)。5月13日放送回では、ゲストに指原莉乃、ファンキー加藤を迎えた。

(関連:【写真】=LOVEが語る、アイドル意識の高まりとプロデューサー指原莉乃への尊敬と信頼

 まずは指原が登場。トークは48グループ卒業の話に。指原は「ステージも好きだったので、もうちょっといよう、もうちょっといよう、でなんとなく長くなっちゃって……」と話し、続けて「握手会が多すぎて日曜日のレギュラーとかできないじゃないですか」とぶっちゃっけトークを展開。スタジオの笑いを誘う。

 また「アイドル卒業後に解禁したいこと」という話題になると、「ラーメン」「引っ越し」「恋愛」と回答。「中学生以来、デートをしたことがない」という指原は、「海に行ったり、サイドカーに乗ってみたい」と明かした。

 番組企画「スターを先取り! ダイヤの原石総選挙」では、“今いる人類で一番かわいい女”として齊藤なぎさ(=LOVE)を紹介。指原は「とにかくかわいくて。隠してますけど、今一番好き」と語る。齊藤は、握手会に来た人に「大好き」と言って好きにさせてしまうのだとか。さっそく有田哲平(くりぃむしちゅー)で試してみることに。齊藤は、有田と握手をしながら「有田さんって熊本県出身ですか?」「大好きばい」と上目遣いでウインク。有田はすっかり魅了されていたようだ。

 続いて、ファンキー加藤が登場。今日はNGトーク無しとのことで“あの”騒動について告白するという。徳井義実(チュートリアル)が「(騒動後)曲作りって変わってくるんですか?」と聞くと、「ラブソングは一切なくなりました」と話すファンキー加藤。「何回かラブソングに挑戦したんだけど……“どの口が言ってんだよ”“つじつま合わねえよ”みたいな。で、すぐ応援ソングへ」と語る。上田晋也(くりぃむしちゅー)が「我々ね、あいつとも親しいからね。複雑な気持ちはね……」「元々仲よかったんだよね?」と質問すると、ファンキー加藤は「2回ぐらいみんなで飲みに行ったりとかは……」と話し、騒動後は連絡を取れていないことを明かした。

 FUNKY MONKEY BABYS(以下、ファンモン)として活動していた絶頂期は、心に響くストレートな応援ソングが多かったという。また、多忙を極めており1年に1日、2日しか休めない年もあったとのこと。しかし、騒動後の低迷期になると楽曲もネガティブ気味に。「大体ファンモンのときは、Aメロで少しネガティブな部分を歌って、Bメロで盛り上げていって、サビで爆発だったんですけど」「最近はネガティブな感情がAメロに収まりきらなくてBメロにも漏れてきた」と語る。さらに「家から一歩も出たくなくなった」とし、通販やUberEATSをよく利用していた時期もあったと話した。

 騒動後、ファンキー加藤はメンバーに謝罪をしたとし、DJケミカルには「気にしないでください」、モン吉には「バカだな。しっかりしなよ」と叱咤激励をもらったという。また、「タイムマシーンがあったらいくらまで出せるか」と考えていた時期もあったとのこと。上田から「いくらまで出そうと思った?」と聞かれると、「1億5000万円」と回答。続けて「5年ぐらい前に戻って(自分を)ぶん殴りますよ!」と話した。

 次回は5月27日放送予定だ。(向原康太)

アプリで読む