Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

『MTV VMAJ 2018』大賞は米津玄師 aiko、欅坂46、三浦大知ら出演した受賞イベントレポート

リアルサウンド

18/10/11(木) 18:30

 『MTV VMAJ 2018 -THE LIVE-』が10月11日に新木場STUDIO COASTで開催された。同イベントは、年間の優れたミュージックビデオを表彰する音楽アワード『MTV VMAJ』の授賞式及びスペシャルイベント。各部門の受賞者がそれぞれステージを披露したほか、受賞作品の中から最も投票を集めた作品に贈られる「最優秀ビデオ賞」の発表も行われた。

(関連:【写真】aiko、欅坂46、三浦大知ら出演した受賞イベントレポート

 まずトップバッターとしてBLACKPINKが登場。色気を醸し出したクールなダンスで「DDU-DU DDU-DU」を披露した。BLACKPINKは、同曲で「最優秀ダンスビデオ賞」を受賞。海外でも人気が高まっている状況についてロゼは「もっと頑張らなきゃと思いました。最近たくさんの方から応援いただいて、それに答えてもっといい音楽をお見せしたいと思います」と意気込みを語った。

 続いては「最優秀邦楽新人アーティストビデオ賞」 を受賞したOfficial髭男dismがステージに。「ノーダウト」の演奏が終わると「きっと初めて観る方もたくさんいらっしゃると思います。このような賞をいただけたことをとても光栄に思っています」と話し、ソリッドなビートと爽やかなメロディを聴かせた新曲「Stand By You」を披露した。

 「最優秀振付け賞」を受賞したE-girlsは、色鮮やかな衣装で登場。グループ史上一番激しいダンスという「Show Time」と、映画『パーフェクトワールド 君といる奇跡』主題歌である「Perfect World」を披露した。今後の目標について佐藤晴美は「これからも切磋琢磨して最高なパフォーマンスが届けられるように。また、こういった場で、もっともっと大きいステージで、パフォーマンスできるように頑張りたいなと思います」と話した。

 SKY-HIは「最優秀ヒップホップビデオ賞」を受賞。「Tyrant Island」の高速ラップで圧倒させた。SKY-HIは「すべての音楽好きに愛を。この曲でこの賞取れて、本当嬉しいです」と話し、爽やかなピアノの旋律が印象的な「Marble」を披露した。

 「最優秀撮影賞」を受賞したLittle Glee Monsterは「だから、ひとりじゃない」、「世界はあなたに笑いかけている」で重厚なハーモニーと力強い歌声を聴かせた。受賞について芹奈は「この作品に対して、スタッフさんが何日も何日も愛を込めて作ってくれたので、スタッフの皆さんにありがとうの気持ちを伝えたいですね」と感謝を述べた。

 「最優秀洋楽新人アーティストビデオ賞」のアン・マリーは、「このようなアワードを受賞したことがあまりないので本当に本当に嬉しい」とコメント。パフォーマンスでは、メタリックピンクの衣装を身にまとい「Friends」をキュートに歌唱。さらに「2002」ではE-girlsが登場し、思いもよらないサプライズに歓声が湧いた。

 サザンオールスターズには、特別賞として「SAS Lifetime Achievement Award Japan」が送られた。アーティストの名前を冠した賞は、『VMAJ』史上初だという。桑田佳祐はVTRにて出演。「それまでレコードとかCDとか音源は音だけだった。それに映像がつくと、いろんなアーティストの動きが見える。いろんな物語が伝わってくる。ポール・マッカートニーとマイケル・ジャクソンが一緒にデュエットした「セイ・セイ・セイ」とかね。アンプラグド・ライブなんてのはね、歴史を変えたんでしょうね。私自身も音楽の考え方、ずいぶん変えられました。たくさんの気持ちや人生を大きく変えたのはMTVだと思います」と語った。

 DEAN FUJIOKAは、「最優秀オルタナティブビデオ賞」 を受賞した。DEAN FUJIOKAは、映像へのこだわりについて「常にサプライズがあるといいなと思って作ってますね」「1人でも多くの人に届くといいなっていう願いを込めて思ってますね」と明かした。ライブでは、シリアスなサウンドを展開する「Echo」からスタート。「Hope」ではエモーショナルな歌声とラップで、熱いステージ繰り広げた。

 続いて「最優秀邦楽グループビデオ賞」 の欅坂46が登場。今後のアーティスト像について菅井友香は「いろんな固定観念にとらわれすぎずに、楽曲を伝えるためにいろいろなことに挑戦していくグループでいたいなと思います」とコメント。「Student Dance」では、教室の情景が浮かぶような、椅子を使った演出を披露。また「アンビバレント」では、息の合った激しいダンスでグループの一体感を感じさせた。

 「最優秀邦楽女性アーティストビデオ賞」を受賞したaikoは、「カブトムシ」をしっとりと歌い上げた。MCでは、aikoの大ファンだと明かしていたOfficial髭男dism・藤原聡(Vo/Key)に対し「Official髭男dismはね、デビューして1年でもらったんですよ。あたしは20年もかかったんですよ。だからすごく嬉しいんです!」「早ない?! ヒゲダン! 1年やで!」と悔しがる場面も。aikoは、最後にアップテンポでジャジーなナンバー「ストロー」で会場を盛り上げた。

 イベントの終盤には「最優秀ビデオ賞」を発表。米津玄師「Lemon」が受賞した。米津は、同作で「最優秀邦楽男性アーティストビデオ賞」も受賞しており、最多2冠を達成したことに。米津はビデオレターで「この度は『Best Video of the Year』を頂きまして、本当にありがとうございます。「Lemon」という曲が、とても色々な人に届くようなものになってくれたということで本当にありがたく思っております。今回は残念ながら会場には行けませんでしたが、自分自身満足できるような、それでいて皆さんが喜んでくれるようなものを、その両方が両立しているようなものを作れるように頑張っていきたいと思っています。 ありがとうございました」と受賞の喜びを語った。

 イベントのラストを飾ったのは、「最優秀アーティスト賞」の三浦大知。三浦は受賞に対し「大丈夫ですか、僕で」「MTVさん今なら間に合う。僕からこの賞を取り上げるっていう(笑)」と信じられない様子を見せた。構想中の新たなイデアについて聞かれると「企んでるアイデアですから言えるのはひとつもないんですけど……今年中にもうひとつぐらいは企みを発表できるチャンスがあるんじゃないかな」と明かした。三浦大知はキレのある巧みなダンスとそれに負けない歌唱力で「飛行船」と「Be Myself」をパフォーマンス。ラストに相応しい圧巻のステージを見せて、同イベントは終了した。なお、MTVでは、 このイベントの模様を10月14日21時より放送する。(北村奈都樹)

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play