Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「メッセージマン」

元ヒットマンとマフィアが対決、インドネシア映画「メッセージマン」予告公開

ナタリー

19/3/18(月) 6:00

インドネシア発のバイオレンスアクション「メッセージマン」が4月5日より上映。予告編がYouTubeにて公開された。

コーリー・パーゾンが監督を務める本作は、元敏腕ヒットマンのライアンを主人公とする物語。安住の地を求めてインドネシア・ジャカルタを訪れたライアンは、1人の少年とその母親と懇意になるも、少年にひん死の重傷を負わせた海賊を惨殺してしまう。海賊のボスで、ジャカルタを牛耳るマフィアのリーはかつて両親をライアンに殺されていたことから、腕利きの殺し屋たちにライアン抹殺を命じ、ライアンはかつて所属していた暗殺者ネットワークを駆使してリーとの決戦に挑む。ポール・オブライエンがライアンを演じ、「ザ・レイド」のヴェルディ・ソライマンも出演。「スカイライン-奪還-」のフィル・ハントとコンプトン・ロスが製作総指揮に名を連ねた。

予告編には、ライアンとマフィアたちの銃撃シーンのほか、ライアンが暗殺者組織・SENDA GROUPに電話をかけ援護を依頼する様子を収録。リーと対峙したライアンが「次はお前の番だ」と告げる姿も。

「メッセージマン」は東京・ヒューマントラストシネマ渋谷の「未体験ゾーンの映画たち 2019」内で4月11日までロードショー。大阪のシネ・リーブル梅田では4月7日、9日、10日に上映される。

(c)2017 Rhythmic Films

アプリで読む