Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

稲垣&香取&草なぎ、新しい地図の初ファンミに感動「この近さのステージはずっとやっていきたい」

リアルサウンド

19/2/17(日) 5:00

 稲垣吾郎、香取慎吾、草なぎ剛からなる新しい地図が2月16日、ファンミーティング『NAKAMA to(と) MEETING_vol.1』の初日公演を武蔵の森総合スポーツプラザにて迎えた。同公演は昼と夜の2公演がにて行われ、昼公演終了後に3人が囲み取材に応じた。

参考:『ゴロウ・デラックス』今春終了に存続希望する多くの声 稲垣吾郎が作る“唯一無二“の空間

 初のファンミーティングのステージを終えた心境を聞かれると、香取はファンのお見送りで喉が潰れたと冗談交じりに切り出し、「すごく楽しかったです。僕らはこれまでファンのみなさんに支えられてきたということが、今回、“NAKAMA”(=ファン)に直接会えたことでより実感できました」とコメント。稲垣も「ファンミーティングはほぼ初めてで、コンサートとは違った近さ、親近感を味わえました。ゲームコーナーも一体感があって楽しかったです。僕らがSNSを始めてから、一対一の繋がりというか、個人的に繋がっているなと感じています。でも実際には会えてはいなかったので、こうしてお会いして、みなさんの幸せそうな顔を見て感謝を伝えられたことは本当に最高の時間でした」と喜びを示し、草なぎはライブ中の撮影コーナーに触れ、「こんなにたくさんのスマホを向けられることもなかったんですけど、スマホの光が本当に綺麗で。これも僕らがSNSをはじめてできた新しい形なのかなって」と、それぞれファンミーティングならではのステージに手応えを感じている様子だった。

 ステージでパフォーマンスするのは久しぶりだという3人。香取は「ステージに立ってみて懐かしい部分もあれば、いままでのライブと違って距離が近いところもある。でも、やっぱり気持ちいいですね。最近は個展に向けて絵を描いてるから“アーティスト・香取慎吾”と呼ばれることもあるけれど、“アイドル・香取慎吾”は最高に気持ちいいです』と振り返る。「久々のステージで緊張はありました」と笑みを浮かべた稲垣は、「やっぱり懐かしいなというか、胸に来るものもありましたね。ステージの上で歌うことは、僕らがこれまでずっと続けてきた好きなことで、普段生きていくための活力にもなりますし、愛されてるなと感じられました。それに僕らが歌っている歌もじっくり聴いてもらうというよりも、やっぱりみなさんと一緒に歌って楽しむ曲が多いので、この時のためにあったのかなって思う曲もありました」と喜びを語った。「これまでの大きなステージとの違いはあったか?」と質問をされると、草なぎは「同じステージはないと思っているので、大きさやお客さんの人数に関係なく、その瞬間にしか感じられるものに集中したいと思っています……今のすごく良いコメントですね(笑)」とお茶目な様子を見せて報道陣を笑わせた。香取は「(結成から)1年でこんな大きな会場でみなさんの前で歌っているなんて思わなかった」と感慨を述べ、稲垣も「大きいステージの素晴らしさもあると思いますが、 この近さでのステージはずっとやっていきたい」と改めてファンミーティングの楽しさを噛み締めた。

 香取はアート、草なぎは舞台、稲垣は映画など、3人は個々の活動も増えている。お互いのソロ活動に対する印象を聞かれると、稲垣は「何十年も一緒にいるのでお互いのことは知ってるつもりでしたが、今はもっと個としての二人がはっきり見えるし、より近く感じられています」、香取は「吾郎ちゃんの「SUZUNARI」って曲を見た時はビックリした。いつのまにこんなカッコいいことやってたの? って。僕の知らないところでやっていることをニュースで見たりすると、自分はどんな新しいことができるのかなって刺激になります」とお互いに良い関係性が築けているようだ。

 すると草なぎが「個々の活躍は嬉しいですね。でも、僕が舞台をやっても、二人は見に来てくれないんですよ。僕は二人の舞台を見ているんですけどね」とチクリ。香取は「見にいきたかったんですけど、自分の舞台と被っていて行けなくて。でも、こういう話をしていると、吾郎ちゃんは行けたんじゃないか? って(笑)』とコメント。 稲垣が「『第九』(舞台『No.9 -不滅の旋律-』)を作ったら力尽きちゃって」と釈明するも、香取が「(稲垣の)ブログを見ても『今日はドライブ!』みたいな(笑)」、草なぎも「大島優子ちゃんと三浦春馬くんの舞台は見に行ってブログにあげちゃって!」と追撃され、稲垣はタジタジの様子だった。

 最後にジャニーズ時代の後輩にあたる嵐の活動休止について振られると、香取は「僕らの仕事は支えてくれるファンが一番大事なので、みなさんの笑顔のために走り抜けてほしい」とコメントし、草なぎも「長い間活動できるのはファンの方のおかげだと思うので、みんなが幸せになれるような道を歩んでほしい」とエールを送った。

 『NAKAMA to(と) MEETING_vol.1』の初日公演では、1公演につき8000人(2公演で1万6000人)のファンを動員。これから全国各地で全22公演が行われ、述べ12万人以上の動員を予定している。(取材・文=泉夏音)

アプリで読む