Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「羅生門」(写真提供:Daiei Studios / Photofest / ゼータ イメージ)

黒澤明「羅生門」をスピルバーグ率いるアンブリンがテレビシリーズ化

ナタリー

18/12/19(水) 12:52

黒澤明監督作「羅生門」のテレビシリーズ化が、アメリカの制作会社アンブリン・テレビジョンにて進行中であることをIndiewireなどが報じた。

アンブリン・テレビジョンは、スティーヴン・スピルバーグがCEOを務めるアンブリン・パートナーズのテレビ制作部門。テレビ版の「羅生門」では、異なる登場人物たちの視点から同じ事件を描き出し、視聴者に実際に何が起こったのか推理させるという構成になる予定だ。シーズンは10話で構成される。

1950年に公開された「羅生門」は、芥川龍之介の短編小説「薮の中」「羅生門」を原作とする作品。平安時代を舞台に、ある変死事件の関係者がそれぞれの視点から食い違った証言をする姿を描く。三船敏郎、京マチ子、森雅之、志村喬らが出演した。

(情報提供:Indiewire.com / IFA / ゼータ イメージ)

アプリで読む