Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

「未来を乗り換えた男」ポスタービジュアル (c)2018 SCHRAMM FILM / NEON / ZDF / ARTE / ARTE France Cinema

クリスティアン・ペッツォルトの新作公開、別人になりすます青年と謎めいた美女の恋

ナタリー

18/10/1(月) 10:00

「東ベルリンから来た女」「あの日のように抱きしめて」などで知られるドイツの監督クリスティアン・ペッツォルト。彼が手がけた「Transit(英題)」が、「未来を乗り換えた男」の邦題で2019年1月12日より公開される。

本作はドイツの作家アンナ・ゼーガースが1942年に亡命先のフランス・マルセイユで執筆した小説「トランジット」を、現代に置き換えて映画化した作品。ユダヤ人がナチスの理不尽な迫害を受けた戦時中の悲劇と、難民問題が深刻化する今の状況を重ね合わせたドラマが、男女のサスペンスフルな恋とともにつづられる。

別人になりすますことで新たな未来へ乗り換えようとする元レジスタンスの青年ゲオルクを「ヴィクトリア」「ハッピーエンド」のフランツ・ロゴフスキ、夫を捨てた過去に縛られている謎めいた美女マリーを「婚約者の友人」のパウラ・ベーアが演じた。

「未来を乗り換えた男」は東京・ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国で順次公開。

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play