Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

乃木坂46 西野七瀬、秋元真夏との不仲時代を振り返り涙 「自分が子供すぎたんだなって」

リアルサウンド

18/11/12(月) 12:10

 バナナマンが司会を務める、乃木坂46の冠番組『乃木坂工事中』(テレビ東京系)。11月11日放送回では「22枚目シングルヒット祈願 センター西野がメンバーと最後の小旅行」がオンエアされた。

(関連:【写真】乃木坂46 秋元真夏×松村沙友理×井上小百合が語る、個々が持つグループ外の居場所と帰るべき場所

 同企画は、22枚目シングル『帰り道は遠回りしたくなる』で卒業する西野七瀬が、遠回りをしながら乃木神社までシングルヒット祈願をしに行くというもの。メンバーは、度々入れ替わりながら西野と帯同していく。

 また、今回は西野の思い出の地を巡りながら乃木神社まで帰るとのこと。まずは、高山一実とともに19枚目シングル『いつかできるから今日できる』ジャケット撮影場所からスタート。高山は西野との思い出の写真として、同番組企画「ヒット祈願ツアー INマカオ」の際に撮影した写真を見せる。同ツアーでバンジージャンプに挑戦した西野は「バンジーやってからなんでも割と平気になった」とコメントした。また、移動中には4枚目シングル曲「制服のマネキン」のMV撮影での話に。後列にいた西野は「ほっそい廊下で一番後ろにいて、絶対映らないよこれって。そんな廃れた気持ちじゃだめなんだけどね」と話し、同じく後列にいた高山も「あのとき結構ふて腐れてたよね」と振り返った。

 高山は、若月佑美、中田花奈、井上小百合の同学年メンバーと入れ替わる。続いての思い出の地は、西野が初センターとなったシングル曲「気づいたら片想い」のMV撮影所。同学年メンバーと西野は、記憶を頼りに同曲のMVを再現した。メンバーは次の場所に移動するため、再びバスに乗車。井上は「初期の頃とかもこんな感じでみんなでバス移動してたよね」と話し出す。中田も「8時間とか乗ってた」「ありがたいね新幹線乗れるって」とコメントした。

 同学年メンバーたちは、秋元真夏と入れ替わる。そして西野と秋元はパシフィコ横浜に移動した。パシフィコ横浜は「気づいたら片想い」を初披露した場所でもあるという。また、当時、トラックの荷台をステージにしたとのこと。西野は「今はあれでよかったなって思えるけど。当時は“初センターで初披露……トラック?!”みたいな。私、ギリまでやりたくなかった」と明かした。

 次の場所に向かうため、2人はバスに乗車。秋元は『乃木坂46 2nd YEAR BIRTHDAY LIVE 2014.2.22 YOKOHAMA ARENA』(以下:2ndバースデー)のライブ後に2人で撮影した写真を見せる。『制服のマネキン』から活動した秋元は、初シングルでありながらいきなり八福神に抜擢。一方、西野は、八福神からもれてしまい3列目になってしまう。西野は秋元に弾き出されたように感じ、2人はしばらく険悪な関係になったとのこと。その後、2ndバースデーでの「真夏おかえり 一緒に頑張ろう」という西野の一言によって、わだかまりがとけたという。当時について秋元は「あんな感情になったことない」とし、西野は「別に起こそうと思ったわけでもないし……。はじめになってしまったのは、自分が子供すぎたんだなってことが原因なんだけど」と話す。続いて「綺麗にわだかまりがとけるとも思ってなかったから、なんでこうなれたのかなって思うと……」と言うと、西野は涙を流しながら「絶対それは真夏の人柄」「真夏じゃない子だったら多分、今無理だと思う」と打ち明けた。

 スタジオでは、VTRを見ていた秋元と西野が涙を浮かべる。バナナマンは2人に溝があったことに全く気づかなかったという。2ndバースデーでの出来事について秋元は「予想もしてなくて。(関係性が)より深くなった」と語った。

 次回は11月18日放送。引き続き「22枚目シングルヒット祈願 センター西野がメンバーと最後の小旅行」をオンエア予定だ。(向原康太)