Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

「毎晩前夜、毎日当日」でのハルカミライのライブの様子。(Photo by Masanori Fujikawa)

ハルカミライ、Hump Back、SIX LOUNGEがそれぞれのロック響かせた野音

ナタリー

18/10/14(日) 14:24

THE NINTH APOLLO主催のライブイベント「毎晩前夜、毎日当日」が10月7日に東京・日比谷野外大音楽堂にて開催された。

イベントにはSIX LOUNGE、Hump Back、ハルカミライの3組が出演。3組共この日が日比谷野外大音楽堂での初ライブとなった。チケットはソールドアウトし、会場には立ち見も含めて多くのファンが駆けつけた。

トップバッターのSIX LOUNGEは、ヤマグチユウモリ(G, Vo)の伸びやかなボーカルから始まる「10号線」でイベントの幕を開ける。1曲を歌い終えるとヤマグチが「気持ちいいなあ! 大分からSIX LOUNGE始めるぞー!」と声を上げ、バンドはさらに「STARSHIP」「ふたりでこのまま」とみずみずしく艶やかなロックンロールチューンを畳みかけていった。ヤマグチは「憧れてたバンドがやってた場所。映像も何回も観ました。で、俺らが今やってる。ヤバいっしょ?」と初の日比谷野外大音楽堂出演の喜びを口にする。続けて「これがロックンロールだ!」と宣言してライブを再開。「俺のロックンロール」ではナガマツシンタロウ(Dr, Cho)が渾身の歌声を聴かせ、「トラッシュ」ではヤマグチとイワオリク(B, Cho)がステージ前方まで進んだり倒れこむようにプレイしたりと、3人はダイナミックなステージングで観客を魅了していった。

少しずつ暗くなっていく空を見上げてヤマグチは「いい時間帯だなあ」とつぶやく。そして噛みしめるように「忘れないようにやって帰ります」と言ってからバンドは「くだらない」のパフォーマンスへ。彼らはそれまでの前のめりなテンションから一転、丁寧な演奏で場内をクールダウンさせる。その後新曲「ラストシーン」、人気曲「僕を撃て」をグルーヴィに届けてステージをあとにした。

日が落ち、涼しくなった野音に登場したHump Backは、最初に林萌々子(Vo, G)が「リハーサルではトンボが飛んでました。今は虫の声が聞こえます。夏の終わりを感じます」としんみり口にしてから「ゆれる」でライブをスタートさせる。3人の叙情的な演奏と、虫の鳴き声が相まり、場内にはロマンチックなムードが広がった。「月に届くくらいデッカい声で歌います!」との言葉に続き始まった「月まで」からバンドの演奏はエネルギッシュに。「嫌になる」では観客から手拍子が起こると林が「手拍子はいらないよ。ロックバンドなんで拳1つで十分ですわ!」と、その気合のほどを見せるひと幕もあった。

林はこの日の競演者2組について「2組ともカッコいいから、ライブが一緒になる日は気が気じゃない。『なんで勝たれへんやろ』って悔しくて打ち上げでいつも苦い酒を飲んでるような気がします。でも勝ちを教えてくれる友達よりも、負けを教えてくれる友達とおるほうが楽しいと思う。彼らと同じ時代にバンドをやっていてよかった」とよきライバルであることを説明。そして負けん気を見せるように、パワフルに「拝啓、少年よ」を届けた。終盤には林が、過去に日比谷野外大音楽堂が決勝戦の舞台になっているオーディションを受けた際のエピソードを明かす。Hump Backは3次審査で落ちてしまい、彼女は決勝戦を観に同会場に足を運び大泣きしたと話したあと、「あの日からずっとこの場所で歌いたかった」という「いつか」を晴れやかな声で歌い上げた。

イベントのトリを飾ったのはハルカミライ。ステージに姿を現すなり、須藤俊(B, Cho)と関大地(G, Cho)はステージの前方まで進み、橋本学(Vo)は客席を指差して「イエーーーイ! 日比谷ーーー!」と声を上げる。そして「八王子、ハルカミライ、始まるぞー!」との橋本のシャウトから、小松謙太(Dr, Cho)の力強いドラミングに乗せて「君にしか」を始めると、場内は一気にパンキッシュなムードに染められた。橋本はこの日の会場名「日比谷野外大音楽堂」について“大”が付くところが自分たちにぴったりだと胸を張ったり、ステージを駆け回って熱唱しながら「これが俺たちの革命の歌声だぜ!」と言い放ったりと、感情を爆発させるようにライブを進めていく。観客は彼の言葉やバンドの熱演に応えるように、終始拳を突き上げながら大合唱していた。

全速力で10曲を駆け抜けたあと、橋本は観客に向かって座席に座るように言い、自らもアンプに腰掛ける。夜空を見上げて「星は見えるんかね?」とつぶやいたあと、関の奏でるメランコリックなギターをバックに「歌を聞いて少し楽しくなったり、いつもよりうれしくなったりすんじゃん? 世界を変える歌っつーのはないかもしれない。でも俺の歌でお前の世界が変わることがあんのかもしれないね」と優しい表情で続けた。そして一息付くと「立ってデケエ声で歌うか!」と気合いを入れ直して立ち上がり、その言葉通りバンドの息の合った演奏に乗せて、はつらつとした歌声で「アストロビスタ」「QUATTRO YOUTH」を届けた。

アンコールを求める声に呼ばれて再びステージに登場したハルカミライの4人は、橋本の「元気にやって帰ろうか!」との声に続いて、この日2度目となる「ファイト!!」をプレイ。最後に橋本の「お前ら『イエーイ!』って言え!」との言葉に答え、場内から盛大な「イエーイ!」という声が上がり、大盛り上がりのうちに「毎晩前夜、毎日当日」の幕は下ろされた。

「毎晩前夜、毎日当日」
2018年10月7日 日比谷野外大音楽堂 セットリスト

SIX LOUNGE

01. 10号線
02. STARSHIP
03. ふたりでこのまま
04. 俺のロックンロール
05. LULU
06. トラッシュ
07. ピアシング
08. くだらない
09. ラストシーン
10. 僕を撃て

Hump Back

01. ゆれる
02. 月まで
03. 嫌になる
04. 拝啓、少年よ
05. 短編小説
06. 今日が終わってく
07. ナイトシアター
08. いつか
09. 星丘公園

ハルカミライ

01. 君にしか
02. カントリーロード
03. ファイト!!
04. 俺達が呼んでいる
05. 春のテーマ
06. ウルトラマリン
07. predawn
08. ラブソング
09. 世界を終わらせて
10. それいけステアーズ
11. アストロビスタ
12. QUATTRO YOUTH
<アンコール>
13. ファイト!!

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play