Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

小栗旬が欲しいのはあの“ウォッチ”、ブルゾンちえみはサンシャイン池崎超える

ナタリー

18/12/15(土) 13:09

「映画 妖怪ウォッチ FOREVER FRIENDS」の公開を記念した舞台挨拶が本日12月15日に東京・TOHOシネマズ 日比谷で開催され、ゲスト声優の小栗旬とブルゾンちえみ、製作総指揮と原案、脚本を担当した日野晃博が出席した。

イベント冒頭では、子供たちに名前を呼ばれたジバニャンが元気いっぱいに登場。ジバニャンは「思ったより急ニャン……!!」とスロープに苦戦しながらステージへと上がり、映画を鑑賞したばかりの観客の反応を確認して「みんな(映画を)喜んでくれたニャンね!」と飛び跳ねた。

本作で閻魔大王の座を狙う紫炎に声を当てた小栗は「姪っ子甥っ子が非常に喜んでくれました」とオファーを受けた際のことを振り返り、「後半でずっとうめくところは大変でした」としみじみ。人の魂を奪い取る妖怪・玉藻前役のブルゾンもその言葉にうなずきながら「私もほぼギャーとかウエーとか、普段出さない声」と続け、「サンシャイン池崎さんになったつもりでやっていました。アフレコの最中は池崎さんを超えたんじゃないでしょうか?」と自信をのぞかせた。またブルゾンが「気合いが入りすぎちゃって、私が閻魔大王みたいな感じで(笑)」と赤いドレスを紹介すると、毛が赤いジバニャンは「おそろいニャン!」と大きく体を動かして喜びを表現した。

中盤には、クリスマスが近いことにちなんでMCから「どんなプレゼントが欲しいですか?」と質問が飛んだ。本作の完成披露時に同じ質問をされたブルゾンは「イケメンがいつでも召喚できるイケメンウォッチ!と答えました」と明かす。小栗が「“体型ウォッチ”がほしいですね。痩せたり太ったり調整できるような」と答えた際には、ブルゾンが「私も欲しい! 一度痩せたら変えない」と同意し、ジバニャンと猫又も「みんな欲しいニャン!」と声を上げた。

高橋滋春が監督を務めた「映画 妖怪ウォッチ FOREVER FRIENDS」は、全国の劇場で上映中。

※高橋滋春の高は、はしごだかが正式表記

(c)LEVEL-5/映画『妖怪ウォッチ』プロジェクト 2018

アプリで読む