Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

小栗旬、宮沢りえ・沢尻エリカ・二階堂ふみと恋に落ちる 『人間失格』特報&ティザービジュアル

リアルサウンド

19/3/22(金) 7:00

 9月13日公開の小栗旬主演映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』より、特報映像とティザービジュアルが公開された。

参考:動画はこちらから

 突飛な言動と奔放な私生活で、文壇から煙たがられながらも、ベストセラー作品を連発した天才作家・太宰治。正妻と2人の愛人という3人の女性と並行して関係を持ち、自堕落な生活を送った果てに、愛人と川に身を投げてしまったスキャンダルは、当時センセーショナルな事件として世間の注目を浴びた。彼をめぐる“3人の女との恋と愛”の物語と裏に隠された“本当の人生”を、事実をもとにしたフィクションとして初めて映画化する。

 写真家であり、『さくらん』 『ヘルタースケルター』を手がけた蜷川実花がメガホンを取り、主人公・太宰治役で小栗が主演を務めるほか、太宰の正妻・津島美知子役を宮沢りえ、太宰の愛人で弟子でもある作家・太田静子役を沢尻エリカ、太宰の愛人で最後の女・山崎富栄を二階堂ふみが演じる。

 公開されたティザービジュアルでは、口元についた“赤い何か”を手の甲で拭う小栗と、宮沢、沢尻、二階堂の姿が切り取られており、「禁断の恋。ヤバい実話」というコピーが綴られている。

 特報映像は、「人間は、恋と革命のために生まれてきた」という太宰の名言から始まり、
「大丈夫。君は僕が好きだよ」とささやき、沢尻から「赤ちゃんがほしい」と笑顔で迫られ、二階堂からは、「嘘つき!」と突き飛ばされる一方で、宮沢から「あなたはもっと凄いものが書ける!」と叫ばれ、机に向かう小栗の姿が映し出されている。

 また今回、劇中音楽を、仏・パリを拠点とする音楽家・三宅純が手がけ、現在作曲中であることが明らかになった。三宅は、アカデミー賞にノミネートされたヴィム・ヴェンダース監督作品『Pina/ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち』をはじめ、映画、広告、舞台、コンテンポラリーダンス、ファッションショーへの楽曲提供など国際的に活躍し、椎名林檎の依頼に応えたリオデジャネイロオリンピック閉会式での「君が代」のアレンジで注目を集めるなど、世界的に評価される稀有な日本人音楽家であり、現代を代表するアーティストの1人である。 (リアルサウンド編集部)

アプリで読む