Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

「君の膵臓をたべたい」舞台挨拶にて、左から黒田隼之介、小川貴之、荒井智之、片岡健太、高杉真宙、Lynn、藤井ゆきよ、牛嶋新一郎。

「キミスイ」高杉真宙がsumikaとの舞台挨拶に感激、劇中歌流れるシーンに言及

ナタリー

18/9/8(土) 20:50

劇場アニメ「君の膵臓をたべたい」の大ヒット御礼舞台挨拶が、本日9月8日に神奈川・チネチッタにて行われ、キャストの高杉真宙、Lynn、藤井ゆきよ、監督の牛嶋新一郎、そして主題歌、オープニングテーマ、劇中歌を手がけたsumikaが登壇した。

住野よるの小説を原作とする本作は、膵臓の病気を抱えた高校生・山内桜良と、彼女の闘病日記「共病文庫」を手にしたクラスメイトの“僕”との関係を描いた物語。“僕”役の高杉は「何度か舞台挨拶をやらせていただいているんですけど、この人数では初めて。sumikaの皆さんがいらして、舞台挨拶中(オープニングテーマの)『ファンファーレ』が流れていて。皆さんとこうやって舞台挨拶ができてうれしいです」と喜びをあらわにした。

sumikaが映画の舞台挨拶に登壇するのは本日が初めて。片岡健太は「ライブハウスの客席側は平坦になっていることが多いんですけど、劇場って上に行くに連れてぐいーんと上がっていってるので、後ろの方の顔が見える。僕、視力が9.2あるので、『キミスイ』を観終わった皆さんの表情を見て、つられて泣きそうです」とジョークを交えながら話す。

「ファンファーレ」は、牛嶋を含む制作チームのリクエストによって、絵ができる前に曲が作られた。その理由について、牛嶋は「曲をいただいて絵コンテを描くときに、同じエネルギーでぶつけるとお互い喧嘩して絵が負けると思ったので、あえてちょっと逃げると言うか。リズムもきっちり合わせた形で編集点を入れるんじゃなくて、若干ずらした形で入れてあげると、曲に寄り添うように映像が見れるかなと。そういう形で絵はコントロールしながらやらせていただきました」と解説した。

劇中歌「秘密」の話になると、高杉は「あのシーンは“僕”と咲良のハッピーエンドだと思って演じていました」と語る。咲良役のLynnも「全編通して一番心が穏やかで、声の出し方もとても柔らかいお芝居になっていたと思う」と同調。「アフレコの練習の映像に『秘密』の音源が入っていたんですよ。ここであの曲が流れるんだと想像しながら収録できたので、より気持ちが込められました」と収録エピソードを明かした。

エンドロールでは主題歌の「春夏秋冬」が流れる。片岡は牛嶋から「この作品を総括するような曲を作ってほしい」というリクエストのもと「1年後だけじゃなくて、5年後10年後どう生きていくのか……。1人の人間がどう成長して、こういう気持ちでこの先進んでいくんだよっていうのを意思表示できる曲」を目指したと説明。藤井は「当たり前じゃない毎日を過ごしていくという歌詞に『これこそが(作品を)総括した歌詞だな』と思いました。エンドロール後に前を向いた2人の姿が映し出されるのは本当に好きなシーンです」と感想を伝えた。

「君の膵臓をたべたい」は全国で上映中。

(c)住野よる/双葉社 (c)君の膵臓をたべたい アニメフィルムパートナーズ

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play