Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

アピチャッポン・ウィーラセタクン

アピチャッポン特集上映で「ブンミおじさんの森」新作TシャツやコンピBOX販売

ナタリー

18/8/4(土) 7:00

タイの映画監督アピチャッポン・ウィーラセタクンの特集上映「アピチャッポン・イン・ザ・ウッズ2018」が、東京のシアター・イメージフォーラムにて8月11日から9月7日に開催。同会場にて、「ブンミおじさんの森」新作Tシャツおよびコンピアルバム「Metaphors」特別限定ボックスセットの販売が決定した。

アピチャッポンが故郷タイを離れ、コロンビアで新作を撮影することから「船出の前に──もう一度アピチャッポン」という副題が付けられたこの特集上映では、彼の過去作3本を上映。地方の緑豊かな病院と近代的な白い病院を舞台にした2つのパートからなる「世紀の光」、第63回カンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞した「ブンミおじさんの森」、タイ東北部の病院で“眠り病”にかかった兵士たちの謎が明かされていく「光りの墓」がラインナップされた。また「光りの墓」上映前には、映画上映前に国歌が流れるというタイの慣習にちなんだ短編「国歌」をスクリーンにかける。さらに「世紀の光」「光りの墓」の一部の回上映前には、アピチャッポンが日本のファンに贈ったメッセージ動画の上映も。

「ブンミおじさんの森」新作Tシャツは、アピチャッポン映画の美術スタッフによるイラストを、アピチャッポンの舞台作品「フィーバー・ルーム」のキャストでもあるグリッサゴーン・ティンタップがデザインしたもの。日本語ロゴと「TOKYO」の文字も収められている。そしてコンピアルバム「Metaphors」特別限定ボックスセットは、世界で限定200セットのみのシリアルナンバー入りリミテッドエディション。LP2枚、CD、アピチャッポンによるテキストとドローイング、手書きサイン入り写真、「夢」をテーマとしたハードカバーブック、特製メタルスタンプが封入される。8月11日よりシアター・イメージフォーラムにて販売。どちらも価格は追って発表予定だ。

アピチャッポン・イン・ザ・ウッズ2018<船出の前に──もう一度アピチャッポン>

2018年8月11日(土・祝)~9月7日(金)東京都 シアター・イメージフォーラム
<上映作品>
「世紀の光」
「ブンミおじさんの森」
「光りの墓」(短編「国歌」と併映)
※「世紀の光」「光りの墓」一部の回上映前に、アピチャッポン・ウィーラセタクンのメッセージ動画を上映
料金:一般 1500円 / 学生、シニア 1200円 / 会員 1100円 / 3回券 3300円

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play