Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

オバマ前大統領が2018年ベストムービーの1本に選出 『ブラインドスポッティング』8月公開

リアルサウンド

19/6/4(火) 12:00

 昨年のサンダンス映画祭のオープニング作品として注目を浴びた映画『ブラインドスポッティング』が、8月30日に公開されることが決定した。

参考:『ブラック・クランズマン』から見えてくる“今のアメリカ” 強烈なエンディングの意図を読む

 本作は、ヒスパニック系白人のスポークン・ワード・アーティスト、教育者、舞台脚本家であるラファエル・カザルと、ブロードウェイミュージカル『ハミルトン』で脚光を浴びトニー賞を受賞した、黒人ラッパー兼俳優のダヴィード・ディグスが脚本・主演を務めた友情物語。

 オークランドが地元である黒人のコリン(ダヴィード・ディグス)は、保護観察期間中で、残り3日間を無事に乗り切らなければならなかった。そんなコリンと、幼なじみで問題児の白人マイルズ(ラファエル・カザル)の2人は引越し業者として働いている。ある日、帰宅中のコリンは突然車の前に現れた黒人男性が白人警官に追われ、背後から撃たれるのを目撃する。発砲現場を目撃したことをきっかけに、コリンとマイルズは互いのアイデンティティや、急激に高級化する生まれ育った地元の変化などの現実を突きつけられ、2人の関係が試されることとなる。コリンは残り3日間耐えれば自由の身として新しい人生をやり直せるのだが、問題児マイルズの予期できぬ行動がそのチャンスを脅かす。オークランド育ちの親友2人の間にある、見えない壁を次第にさらけ出す。

 なお本作は、バラク・オバマ前アメリカ合衆国大統領が、『ROMA/ローマ』『ブラックパンサー』『ブラック・クランズマン』と並び、2018年のベストムービーに選出した作品としても注目を集めた。(リアルサウンド編集部)

アプリで読む