Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

有村架純「またね」の笑顔に『ひよっこ3』希望の声も 2年後で描かれた“夢の途中”

リアルサウンド

19/3/29(金) 18:00

 全4回にわたって放送されてきたNHKの連続テレビ小説『ひよっこ』の続編『ひよっこ2』。30分×4回のなかで登場したおよそ50人にも及ぶキャストたち全員を、自然と引き立たせる有村架純のヒロインとしての存在感には改めて驚かされた。様々な登場人物がするたびに、ネット上では「ヤスハル」「米子」「綿引さん」「雄大先生」「早苗さん」「由香ちゃん」「愛子さん」「島谷くん」「松下さん」……と名前が上がり、2年経った今でもなお本作がたくさんの人に愛されているのを感じた。

【写真】第3回では島谷くん(竹内涼真)再登場

 『ひよっこ』『ひよっこ2』を見るとき、普通のTVドラマを見ている時とは異なる感覚がある。テレビの中とまではいかないが、自分自身がこの世界をもう少し近いところから見ているような気持ちになる。みね子(有村架純)たちの喜びも悲しみも他人事ではないような感覚で受け取ってしまえるのだ。

 必死に頑張って女優としてのチャンスを掴んだのに、挫けそうになってしまった時子(佐久間由衣)。時子の負けず嫌いの性格もあってか、いざ、夢へのチャンスを掴んでみると、後ずさりできないというプレッシャーや自分が目指す夢だからこそ、ひとりで頑張ろうと必死になってしまうことが多いのかもしれない。みね子は、時子が訛りを周りからバカにされたことではなく、思っていたようにいかない自分自身に対して腹を立てていたことを見抜いていた。「やんなったり逃げたぐなったりしたって別にいいじゃん。弱音吐けばいいでしょうよ」みね子の言葉を聞いて、時子はたくさん弱音を吐いたあと、現場に復帰した。

 もちろんこの先も、頑張るのは時子自身に変わりはない。だが、時子の夢は、家族、友人、周りの人たち全員にとって応援したい夢だろう。頑張るために、周りを頼っていいし、今、周りにいる人たちにとっても、時子を見守り支えることは、自然な役目となっているのだと思う。それは、大学進学を目指すことを決めたちよ子(宮原和)、すずふり亭での仕事を続けていく鈴子さん(宮本信子)、ヒット作を目指し頑張る漫画家コンビ、夢を持って頑張ろうとしている誰にでも当てはまることだ。

 『ひよっこ』の登場人物たちが作るその空間に憧れるのは「みんな仲良し」だからではないと思う。こうして『ひよっこ2』が実現し、『ひよっこ3』を望む声が大きいのは、みね子たちの関係性から、「人は完全に分かり合えなくても、認め合うことはできる」という脚本家・岡田惠和が本作に込めたメッセージが届いたからでもあると思った。

 『ひよっこ2』では、幸せの日常が広がっていたが、一人ひとり抱える悩みもあった。時代は違えど、本作で描かれた普通の人々の日常は私たちにも当てはまるところが多い気がする。「頑張ろう」「頑張れ」「頑張らなくちゃ」より、方言の柔らかさでどこか楽な心持ちで“頑張ろう”と思える「頑張っぺ!」。みね子と時子と三男(泉澤祐希)のこの合言葉を胸に、また会える日を心待ちにしている。

(大和田茉椰)

アプリで読む