Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

新世紀えぴっくすたぁネ申「ネ申ワンマン~代々木公園野外音楽堂で会いましょう~」の様子。(写真提供:RINethics Inc)

新世紀えぴっくすたぁネ申、狂気の放水で混沌生み出した代々木公園フリーライブ

ナタリー

18/8/8(水) 21:48

新世紀えぴっくすたぁネ申が8月1日に東京・代々木公園野外ステージでワンマンライブ「ネ申(ゴッド)ワンマン~代々木公園野外音楽堂で会いましょう~」を行った。

7月16日から東京・原宿の竹下通りや原宿駅構内にてポスターや横断幕、フラッグを展開するなど、この日のために大々的なキャンペーンを実施してきたえぴすた。セミの声が響く夏本番の代々木公園で、HIЯO・チッチャ・エンペラー、まぁくん!、たくぴー、大我、ケイティ・プリンス・イン・ザ・キングダム、Daichi、池田、アヤァ・オブ・ザワールド、流星の9人はサプライズも交えつつ全16曲を熱演して集まったファンを楽しませた。

定刻を迎え、SEが流れるとステージには仮面を付けた“偽えぴすた”が登場。カラフルな衣装を身にまとった真のえぴすたはスタイリッシュなアクションで“偽えぴすた”を撃退すると、7月18日に配信リリースされた新曲「新世紀えぴっくパレードマーチ」で華やかにライブを開始する。この曲でメンバーは客席に降りてファンを喜ばせたかと思えば、曲後半ではいたずらっぽく水風船を客席に放り投げて会場にどよめきを起こす。そのまま「コイハナビ」「カラフルDreamer」をまっすぐに届けた9人は、"ネ申(ゴッド)ダンス”なる振り付けをレクチャーしたあと、和テイストの新曲「命短シ恋セヨ人類」でファンを踊らせた。「ボクノメーデー」では、彼らの澄んだ歌声が観客を魅了。アッパーチューン「GAME」に続く「サマプレ」では、水鉄砲を手にしたメンバーが客席に降りてファンに水を浴びせると共に、ステージに残ったメンバーが水風船を大量に放り投げて会場にパニックをもたらした。

MCでアヤァは「水分補給できてますか?」とファンの体調に配慮しつつ、もっと積極的に水を受けに来てほしいと要望。「ここからラストスパート、盛り上げていきたいと思います!」と宣言した彼がコール&レスポンスで会場の熱を再点火すると、ここで突然サイレンの音が鳴り響き、メンバーが次々と絶叫しながら倒れていく。サイレンが鳴り止み、立ち上がったメンバーの「先に謝っとくわ、ごめんな」という謝罪でスタートしたのは「Crazy Crazy」。サイレンで洗脳されたという設定のもと、彼らはホースを手に持つと、曲タイトル通りの狂気的な勢いで水をフロアに噴射する。尋常でない量の放水を前に逃げ惑うファンも多数見られ、会場は一気に混沌とした状況に。びしょびしょになった観客が半ば呆然とした笑みを浮かべる中、9人は会場後方のサブステージに移動して「Baby Smile」を歌唱。続けて「愛踊ロマンス」「キミホリック」を届けると、「感謝の気持ちを込めてこの曲を歌います」という曲紹介から「モンスター」を力強く歌ってステージをあとにした。

アンコールに応えて再びステージに集結した9人は「promise」でライブを再開。続く「怪盗☆スター」ではメンバーそれぞれがサイリウムを持ってキレのあるオタ芸を披露し、キラーチューン「お祭り戦隊ヒーロー」で熱くライブを締めくくった。最後の挨拶で彼らは、原宿に続いて池袋でもジャック企画を展開し、店舗限定CDをリリースすることを発表。さらに「GAME」の新作ミュージックビデオを上映したあと、2019年1月23日に東京・マイナビBLITZ赤坂でワンマンライブ「シン・ネ申ワンマン」を開催することを明らかにした。発表ののち、彼らは集まったファンと記念撮影を行って「ネ申ワンマン」に幕を下ろした。

新世紀えぴっくすたぁネ申「ネ申ワンマン~代々木公園野外音楽堂で会いましょう~」2018年8月1日 代々木公園野外ステージ セットリスト

01. 新世紀えぴっくパレードマーチ
02. コイハナビ
03. カラフルDremer
04. 命短シ恋セヨ人類
05. レボリューション
06. ボクノメーデー
07. GAME
08. サマプレ
09. Crazy Crazy
10. Baby Smile
11. 愛踊ロマンス
12. キミホリック
13. モンスター
<アンコール>
14. promise
15. 怪盗☆スター
16. お祭り戦隊ヒーロー

新世紀えぴっくすたぁネ申「シン・ネ申ワンマン」

2019年1月23日(水)東京都 マイナビBLITZ赤坂

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play