Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

劇団プレステージ 第14回本公演「終わり to はじまり」ゲネプロより。

今井隆文がメンバーの個性を色濃く反映、大村まなるは地下アイドルに

ナタリー

18/12/13(木) 14:53

劇団プレステージ「終わり to はじまり」が昨日12月12日に東京・CBGKシブゲキ!!で開幕。これに先駆け、ゲネプロと取材会が昨日行われた。

リーダーの今井隆文が脚本・演出を手がける本作には、18人のメンバーのうち、今井、岩田玲、太田将熙、大村まなる、風間由次郎、株元英彰、城築創、小池惟紀、向野章太郎、坂田直貴、園田玲欧奈、高頭祐樹、秀光、長尾卓也、原田新平の15人が出演。なお劇団員が本公演で脚本・演出を担当するのは今作が初となる。

クリスマスイブに無理やりバイトのシフトを入れられた永橋(長尾)、土門(今井 / 株元)、美羽(大村)、真壁(城築)、小原(小池)。クリスマスイブを満喫するために、5人がバイトまでの時間で遊びに出かけていると、永橋は「これ、夢で見た」と言い出し……。

ゲネプロ後の取材会には、今井、太田、大村、城築、長尾が出席。脚本・演出を担当する今井は「3場面構成になっていて、それぞれの場面がまったく違う色になっていると思うので、そこを楽しんでいただければと思います」と見どころを挙げ、今回女子高生の役を演じる太田は「女性の作法を自分なりに研究しました」と役作りについて述べる。また太田は「観た人はどう受け止めるんだろう?という怖さもありつつ、楽しみでもあります」と今作への期待を語った。

38歳の地下アイドルを演じる大村は、本作の執筆にあたって今井がメンバー全員と1対1で話をしたことに触れ、「アイドルになりたかった時期があったので、それを色濃く反映してくれたと思います」と分析。そして今井は、それぞれ別のフィールドで活躍する劇団員が久しぶりに集結したことついて、「人間として強くなっている気がしました。みんな、人間としての魅力が出てきたと思います」と胸の内を明かし、「当たり前のことをまっすぐに伝えられる作品になったんじゃないかと思います。舞台の美術も楽しみながら観ていただきたい」と観客に呼びかけた。公演は12月23日まで。

劇団プレステージ 第14回本公演「終わり to はじまり」

2018年12月12日(水)~23日(日・祝)
東京都 CBGKシブゲキ!!

脚本・演出:今井隆文
出演:今井隆文(Wキャスト)、岩田玲、太田将熙、大村まなる、風間由次郎、株元英彰(Wキャスト)、城築創、小池惟紀、向野章太郎、坂田直貴、園田玲欧奈、高頭祐樹、秀光、長尾卓也、原田新平

※高頭祐樹の「高」ははしご高が正式表記。

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play