Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

ネイビーズアフロ。左から皆川、はじり。

ネイビーズアフロ「ラストシーンでセンターにいるのは僕たち」

ナタリー

19/2/26(火) 11:00

3月1日(金)に開催される「第49回NHK上方漫才コンテスト」本選に向けて、お笑いナタリーでは出場者のコメントを当日のネタ順に掲載中。この記事ではネイビーズアフロを紹介する。

共に神戸大学出身で2011年に結成したネイビーズアフロ。コンビ名は2人がファンのトータルテンボスが名付けた。大きな大会での受賞歴はまだなく、はじりは今大会での優勝を足がかりに「『関西の賞レース総なめ!」と言われたい」と意気込む。皆川も「この番組のラストシーンでセンターにいるのは僕たち」と自信を持って臨む。

ネイビーズアフロ コメント

──本戦進出が決まったときの心境は?

はじり:予選で「ウケてたな!」と聞いても毎年フタを開けてみたら全然で。ずっと落ち続けてきたのでシンプルにうれしかったです。

皆川:この大会はホールで決勝があって、広い会場で漫才ができるという喜びが大きいです。初めて賞を獲る場所は広いところになればいいなとずっと思っていたので。

──ほかの出場者に負けない自分たちの強みは?

皆川:まず作っているネタの数が圧倒的に多いと思います。毎月単独ライブもやっているし新ネタライブもやってますし、ほかのコンビよりも場数で言えば一番多いと思います。NGK(大阪・なんばグランド花月)もコンスタントに出させていただいてるので、広い会場での漫才のやり方も僕らがわかっていると思います。

はじり:あとは学歴を生かした漫才は僕らにしかできないだろうなということですかね。

──NHK上方漫才コンテストに出場する理由、思い入れは?

はじり:やっぱり昔から見ていたのもありますし、芸人になって一番の目標は全国区で売れるというよりは関西の賞レースを獲るという思いが強いので、獲りたい賞です。「関西の賞レース総なめ!」と言われたい。憧れですね。

皆川:高校生が甲子園目指すのと一緒ですね。サッカー少年が国立目指すのと一緒だし、ラグビー少年が花園目指すのと一緒だし、テニス少年が……。

はじり:もうええわ!

──優勝してNHKでやってみたい、ぜひ出てみたいという番組は?

皆川:教育番組。実験しているのとか、授業とか、自分たちらしくていいのかなというのと、説得力も出せると思います。

はじり:僕はロケにも挑戦してみたいです。NHKさんのロケってほかとはちょっと違ってほのぼのとした街の人に寄り添った感じがいいですよね。僕らも上の世代の人にも好かれるような、地域の人に密接するロケがしてみたいです。

──最後に読者に向けて意気込み、メッセージをお願いします。

はじり:絶対に優勝します! 劇場にまた足をお運びください!

皆川:この番組のラストシーンでセンターにいるのは僕たちなので、録画をお忘れなく!

第49回NHK上方漫才コンテスト

NHK総合(関西地域向け)2019年3月1日(金)19:30~20:42
<出演者>
Aブロック:ラニーノーズ / からし蓮根 / さや香 / たくろう
Bブロック:ジュリエッタ / ネイビーズアフロ / 丸亀じゃんご / インディアンス
司会:千原兄弟 / 田中真琴
審査員:西川きよし / 桂文珍 / ハイヒール・リンゴ / ユウキロック / 内藤剛志 / 大林素子 / 大池晶

アインシュタインの相対性ラジオ

NHK-FM(関西地域向け)
2019年2月18日(月)~2月22日(金)、2月25日(月)~3月1日(金)18:00~18:50
<出演者>
アインシュタイン ほか

アプリで読む