Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

「観客をいきなり1973年に連れて行きたかった」 『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』監督インタビュー

リアルサウンド

18/7/3(火) 16:30

 エマ・ワトソンとスティーヴ・カレルが共演した映画『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』が7月6日に公開される。女子テニス世界チャンピオンのビリー・ジーン・キングと元男子チャンピオンのボビー・リッグスによる、“バトル・オブ・ザ・セクシーズ=性差を超えた戦い”を描いた実話を基にした物語。『ラ・ラ・ランド』のエマ・ストーンがビリー・ジーン・キング、『フォックスキャッチャー』のスティーヴ・カレルがボビー・リッグスをそれぞれ演じた。

 今回リアルサウンド映画部では、監督を務めたジョナサン・デイトン&ヴァレリー・ファリスにインタビューを行った。1973年という特定の時代を描いた本作の撮影手法から、エマ・ストーンとスティーブ・カレルに対する思い、また未だに格差が根強く残る映画業界の男女格差などについてまで語ってもらった。

デイトン「ノスタルジックに描きたかったわけではない」

ーー今回の作品は2人にとって3作目の長編監督作になるわけですが、『リトル・ミス・サンシャイン』(2006)、『ルビー・スパークス』(2012)の過去2作とはガラリと雰囲気が変わったように感じました。

ヴァレリー・ファリス(以下、ファリス):私たちは毎回それが初めての作品に取り組むようなスタンスでいるの。過去の作品のことは特に考えずに、「このストーリーだったらこうしよう」「この時代だったらこうするべきだ」という考えね。今回の作品は、1970年代という私たちの大好きな作品が多い時代設定だった。だから、1970年代に作られた映画のようにしたいと思ったわけ。私たちは実際に1970年代に生きていたけれど、その時代を描いた作品の中には「私たちが知っている1970年代ではない」と思うときも結構あるの。その中でも今回はいろんなことが起こった1973年という具体的な1年を描いていて、その時代に近づけるために、実際にフィルムで撮影しているし、当時のレンズも使っている。新しいチャレンジとしてとても楽しく作ることができたわ。

ーー「1970年代に作られた映画」として具体的に参照した作品はあったんですか?

ジョナサン・デイトン(以下、デイトン):一番はロバート・アルトマンの『ナッシュビル』(1975)だね。あとはジョン・カサヴェテスやハル・アシュビーの作品もそうだ。『チャイニーズ・ブッキーを殺した男』(1976)がどのように撮られているのかを撮影監督と一緒に研究したりもしたんだ。今は主流になっているステディカムも当時はまだなかった。だから、非常に長いショットである人物を追いかけて、ズームアウトしてまたズームインをして……というようなショットを今回は多用して、当時の映画に近づけようとしたんだ。

ファリス:ステディカムで撮るのは簡単で、言ってしまえば“怠惰”ね。私たちは今回、そのような簡単な方法ではなくて、当時のスタイルで、きちんと場所や構図も決めて撮るというスタイルで臨んだの。『ナッシュビル』でもそういうシーンがあったように、ボビー・リッグスが最初に登場するシーンでは、彼が1人で会社にいる様子をものすごいズームで撮った。そのようにワイドショットを使ったりズームレンズを使ったりして、今の映画言語とはまた違うものを目指したの。

ーー1973年という特定の時代を描きつつも、映画を観進めていくうちに現代を描いた作品のようにも感じることができました。

デイトン:うん、まさにその通りだね。1973年に起きたことと同じようなことが、今また実際に起こっている。僕たちとしては、1973年という時代をノスタルジックに描きたかったわけではない。まるで1973年の人たちが作っているような、現代的な映画にしたかったんだ。

ファリス:最初の脚本には、時代設定をするためにベトナム戦争のフッテージを入れたり、73年のCMを入れたりというようなことが含まれていたの。でもそうすると、観ている側は「あ、これは45年前の話だ」となってしまう。そうではなくて、私たちはできるだけ観客をいきなり1973年に連れて行くというようなことをしたかったの。

ーーエマ・ストーンとスティーヴ・カレルの変貌ぶりにも驚きました。2人の試合のシーンは実際に2人がプレイしていたんですか?

ファリス:テニスシーンに関しては、実際に彼らがプレイしている映像は使っていなくて、プロがプレイしている映像にCGで2人の顔をはめているの。どれだけ練習したとしても、やっぱりプロの動きを短期間で身に付けるのは難しいからね。でも、肉体改造をして筋肉をつけたりビリーの動き方をよく研究したりして、ビリーになりきったエマは見事だったわ。あと、試合のシーンは映画的な撮り方ではなく、テレビで中継されているような実際のテニスの試合を参考にしたの。当時の試合の映像がフッテージで残っていたのだけれど、まるで舞台のような、本当に美しい光景だったわ。

ファリス「きちんと映画の話ができるのはとてもありがたい」

ーー今回、エマ・ストーンとは『ラ・ラ・ランド』(2016)に続いてのタッグとなったリヌス・サンドグレンを撮影監督に起用していますね。

デイトン:リヌスは僕たちが長年一緒に組んでいた撮影監督で、実は僕たちが『ラ・ラ・ランド』のチームに彼を撮影監督として推薦したんだ。エマは『ラ・ラ・ランド』で組んだばかりのリヌスにとても信頼を寄せていた。リヌスはとても繊細で、役者のことを常に考える素晴らしい撮影監督なんだ。この作品にはラブシーンもあるけれど、そういった2人の関係性があったからこそ、エマも安心して臨んでくれたんだと思うよ。

ーー『リトル・ミス・サンシャイン』以来、あなたたちの作品にスティーブ・カレルが再び戻ってきてくれたことも嬉しかったです。

デイトン:『リトル・ミス・サンシャイン』の後も、スティーブとはまた何か一緒にやりたいねという話をずっとしていたんだ。それで今回この企画が実現することになって、真っ先にスティーブに声をかけた。『リトル・ミス・サンシャイン』を撮影した頃は、まだ『40歳の童貞男』(2006)も公開される前で、スティーブはそこまで有名だったわけではなかったんだ。今でこそスティーブは有名な役者になったけれど、あのときと全く変わっていなかったよ。

ーー男女の格差が描かれている本作ですが、映画業界では未だにその格差が根強く残っています。夫婦で監督を務めている立場として、昨今の「#MeToo」運動にはどのような見解を抱いているのでしょうか?

ファリス:映画業界ではまだまだ男女の格差が埋まらないのが現実だと思う。「#MeToo」の動きはもちろん、私たちが映画を作り始めたときは大統領選で女性が勝つと思っていたけれど、実際そうはならなかった。映画業界もそうだけれど、社会一般的に見ても、男女格差の問題の解決は非常に進歩が遅いと感じているわ。

デイトン:この映画を作り始めたのは2015年だったのだけれど、そこからトランプが大統領になったり、ハーヴェイ・ワインスタインの問題が明るみになったり、「#MeToo」の動きが活発化したりと、いろいろなことが次々と起こって僕もショックを受けた。でも実際、この時期に日本で公開されるというのは僕たちにとってはありがたいことなんだ。もちろんこれは語るべき問題で、到底無視できるようなものではないけれど、少し話題が落ち着いた今、きちんと映画の話をすることができるからね。

ファリス:この映画はアメリカでは昨年の9月に公開され、ヨーロッパの公開はちょうどハーヴェイ・ワインスタインの問題が次々と明るみになって、一番騒がれていた時期だったの。私たちがこの作品のプロモーションでヨーロッパに行ったときは、取材でワインスタインの話ばかり聞かれて、映画の話が全くできなくて残念だった。そういった意味では、この時期に日本に来れて、きちんと映画の話ができるというのはとてもありがたいことではあるわね。

(取材・文・写真=宮川翔)

■公開情報
『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』
7月6日(金)TOHO シネマズシャンテほか、全国順次ロードショー
監督:ジョナサン・デイトン&ヴァレリー・ファリス
製作:ダニー・ボイル、クリスチャン・コルソン
脚本:サイモン・ボーフォイ
出演:エマ・ストーン、スティーヴ・カレル、アンドレア・ライズブロー、ビル・プルマン、アラン・カミング
配給:20世紀フォックス映画
2017年/アメリカ映画
(c)2018 Twentieth Century Fox
公式サイト:battleofthesexes.jp

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play