Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

©鈴木良雄・小学館/「フルーツ宅配便」製作委員会

風俗店の悲喜こもごも描く『フルーツ宅配便』に仲里依紗、松尾スズキら

CINRA.NET

18/12/3(月) 18:27

連続ドラマ『フルーツ宅配便』の追加キャストが明らかになった。

テレビ東京の金曜深夜の放送枠「ドラマ24」で1月11日から放送される同作は、『第21回文化庁メディア芸術祭』マンガ部門審査委員会推薦作品に選出された、鈴木良雄による同名漫画が原作。子供の学費を稼ぐシングルマザー、整形したい若者、詐欺で借金を背負ったOLといったデリヘルで働く女性たちの人間模様を、デリヘル店「フルーツ宅配便」の店長・咲田真一の目線を通して描く。勤め先の倒産をきっかけに帰省し、流されるままに店長になった咲田真一役に濱田岳がキャスティング。

今回出演が明らかになったのは、仲里依紗、荒川良々、前野朋哉、原扶貴子、松尾スズキ。咲田の中学時代の元同級生で、マドンナ的存在だった本橋えみ役を仲里依紗が演じるほか、フルーツ宅配便でデリヘル嬢の送迎を担当するマサカネ役に荒川良々、咲田の元同級生で友人の小田哲郎役に前野朋哉、姉御肌で気さくなフルーツ宅配便の事務・みず子役に原扶貴子、オーナーのミスジ役に松尾スズキがキャスティングされている。

仲は作品について「デリヘルのお話と聞いたとき、最初は少し驚きましたが、いろんな事情を抱えている女性たちの人間模様が描かれていて、とても深いドラマになっています。男性はもちろんですが、是非女性に観ていただきたいドラマです」、荒川は「マサカネは謎が多い男です。あと、常になんか食ってます」とコメント。

前野は「『フルーツ宅配便』はとても切なくて哀しくて、愛おしいお話。今日も日本の何処かで日常的に起きている出来事なわけで」、原は「ふだん先生役など、いわゆる堅い役が多いので、役の広がりがたいっへんうれしかったです。以前、風俗に勤めている友だちに“風俗に向いている”とスカウトされたことをお守りにがんばります!」、松尾は自身は「ミスジは、マンガで抱いていたイメージよりヤクザな雰囲気です。パンチパーマですし。慣れぬ輩な役ですが、相棒が荒川なので助かってます」と語っている。

また、監督を既報の白石和彌に加え、映画『南極料理人』『横道世之介』『モリのいる場所』の沖田修一と、『寝ても覚めても』の助監督などを担当した是安祐が務めることがあわせて発表。沖田は「今までNo暴力、Noセックスでやってまいりましたものですから、果たして自分にできるのか不安でしたが、フルーツ宅配便という原作のもつ、その悲喜こもごもの面白さ、そして、あまりにも魅力的な俳優陣の方々とご一緒できる喜びが大きく、新しい挑戦をさせてもらえることになりました」と決意を明らかにしている。

白石は「フルーツ宅配便、最高のキャストに集まって頂きました。運営スタッフたちの楽しいアンサンブルを見ているだけであっという間に時間が過ぎていきます」「フルーツ宅配便を一緒に実写化する相棒として、僕自身がファンであり友人でもある沖田監督に参加して頂きました。ノー暴力ノーセックスでやってきた沖田監督がどうデリヘルの話を調理するのか楽しみにお待ちください」とコメントを寄せている。

仲里依紗のコメント

今回、初めてテレビ東京さんの連続ドラマに出演させていただきます。
デリヘルのお話と聞いたとき、最初は少し驚きましたが、いろんな事情を抱えている女性たちの人間模様が描かれていて、
とても深いドラマになっています。
男性はもちろんですが、是非女性に観ていただきたいドラマです。
監督、主演の濱田さんとは初めてご一緒させていただきますが、新鮮な気持ちでとても楽しく撮影しています。
たくさんの方に観ていただけたら嬉しいです。

荒川良々のコメント

テレ東の深夜枠です。
監督は白石和彌さん!沖田修一さん!
共演に濱田(岳)くん!松尾(スズキ)さんです。
デリヘル宅配便!面白くならないわけがない!
乞うご期待!
マサカネは謎が多い男です。
あと、常になんか食ってます。

前野朋哉のコメント

拝啓
「フルーツ宅配便」はとても切なくて哀しくて、愛おしいお話。
今日も日本の何処かで日常的に起きている出来事なわけで。
僕は小田ちん、濱田さん演じる咲田の親友役なわけで。
濱田さんは俳優として尊敬なわけで、でも浜ちゃんは正月にスペシャルを控えているわけで。
そっちだと僕はお兄ちゃんなわけで。濱田さんとは本当に親友みたいで、
何でも話せるから気兼ねなくいれるわけで。
母さん、今日も寒いけど現場は楽しいです。
追伸
現場で何故か…台本にない「北の国から」風ナレーションを録りました。

原扶貴子のコメント

デリヘルのおはなし、と聞いてびっくりしましたが、ふだん先生役など、いわゆる堅い役が多いので、役の広がりがたいっへんうれしかったです。
以前、風俗に勤めている友だちに“風俗に向いている”とスカウトされたことをお守りにがんばります!
現場では、憧れの監督、俳優のみなさんを前に臆する心を、失うものはなにもないのだからと奮い立たせています。
でも、現場の雰囲気はいたって自由で、その流れにスィーっと乗っていけばいいのだなと感じています。

松尾スズキのコメント

白石監督に興味があってお受けしました。
とはいえ結構セリフが多くて、毎日必死です。
ミスジは、マンガで抱いていたイメージよりヤクザな雰囲気です。パンチパーマですし。
慣れぬ輩な役ですが、相棒が荒川なので助かってます。
声を荒げる者のいない楽しい現場です。

沖田修一監督のコメント

白石監督が、デリヘルのドラマを一緒にやろうと優しく声をかけてくれました。恥ずかしながら、今までNo暴力、Noセックスでやってまいりましたものですから、果たして自分にできるのか不安でしたが、フルーツ宅配便という原作のもつ、その悲喜こもごもの面白さ、そして、あまりにも魅力的な俳優陣の方々とご一緒できる喜びが大きく、新しい挑戦をさせてもらえることになりました。
よいドラマになるための、力の一つになれたらと思います。

白石和彌監督のコメント

フルーツ宅配便、最高のキャストに集まって頂きました。運営スタッフたちの楽しいアンサンブルを見ているだけであっという間に時間が過ぎていきます。
店のオーナーであるミスジ役・松尾さんの厳しくもその根底にある優しさがこの物語のベースを作ってくれているのだなと実感しています。咲田と同級生の仲さんと前野君も素晴らしいです。この三人の関係がどう変化して物語がどう進むのかもドラマの見どころの一つです。
そして、フルーツ宅配便を一緒に実写化する相棒として、僕自身がファンであり友人でもある沖田監督に参加して頂きました。ノー暴力ノーセックスでやってきた沖田監督がどうデリヘルの話を調理するのか楽しみにお待ちください。

アプリで読む