Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

「MOTサテライト 2018秋 うごきだす物語」告知ビジュアル

東京都現代美術館が清澄白河の街で展開する「MOTサテライト」、鉄割の公演も

ナタリー

18/8/24(金) 15:31

「MOTサテライト 2018秋 うごきだす物語」が、10月下旬から11月上旬までの毎週末に、東京・清澄白河エリアで開催される。

「MOTサテライト」は、2016年から改修休館中の東京都現代美術館が、活動を館外に拡げようと昨年17年から取り組んでいる試み。地域と連携しながら街中で作品展示やプロジェクトを行い、街の人々との対話から新たな作品が創作されることや、街の魅力が再発見されることを目指す。

作品やプロジェクトを通して街の記憶が“物語”として動き始めることをテーマにした今回は、ヂョン・ヨンドゥ、宮永愛子、鈴木のぞみ、ひがしちか、志村博、東京大学 廣瀬・谷川・鳴海 研究室×DNP AR プロジェクト、東京藝術大学芸術情報センター清澄白河プロジェクト、錯視ブロックワークショップグループ、のらもじ発見プロジェクト、心臓ピクニック・日本的Wellbeing プロジェクトが参加。さらに、東京都現代美術館収蔵品よりデニス・オッペンハイムの作品が展示され、鉄割アルバトロスケットが演劇公演を行う。

入場は無料。なお東京都現代美術館は、来年19年3月下旬にリニューアルオープンを予定している。

「MOTサテライト 2018秋 うごきだす物語」

MOTスペース(メイン会場)
2018年10月20日(土)・21日(日)、26日(金)~28日(日)、11月2日(金)~4日(日)、9日(金)~11日(日)、16日(金)~18日(日)11:00~18:00
東京都 清澄白河エリアの各所

参加作家・プロジェクト:ヂョン・ヨンドゥ、宮永愛子、鈴木のぞみ、ひがしちか、志村博、東京都現代美術館収蔵品展示(デニス・オッペンハイム)、東京大学 廣瀬・谷川・鳴海 研究室×DNP AR プロジェクト、東京藝術大学芸術情報センター清澄白河プロジェクト、錯視ブロックワークショップグループ、のらもじ発見プロジェクト、心臓ピクニック・日本的Wellbeing プロジェクト(トークイベント&ワークショップのみ)、鉄割アルバトロスケット(演劇公演のみ)

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play