Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「M-1グランプリ2018」ファイナリストの、かまいたち。(c)ABC

かまいたち「1日12ステでネタ直した」M-1ファイナリスト連載開始

ナタリー

18/11/23(金) 18:00

ABC・テレビ朝日系にて12月2日(日)に漫才日本一決定戦「M-1グランプリ2018」決勝戦が放送される。お笑いナタリーでは本日11月23日より、この決勝へ出場するファイナリスト9組のコメントを1組ずつ紹介していく。

1組目として紹介するのは昨年に続いて2回目の「M-1」決勝進出を果たす、かまいたち。「キングオブコント2017」王者でもある2人は「M-1」のために取り組んできたことを聞かれて「今年初めて“1日12ステ”の日があったんです」(山内)「あの日がXデーでしたね」(濱家)と、1日12回もの出番でネタを徐々に直していったことを挙げた。

決勝にはかまいたちのほか、和牛、霜降り明星、ゆにばーす、見取り図、スーパーマラドーナ、ジャルジャル、トム・ブラウン、ギャロップが登場。彼ら9組に敗者復活1組を加えた10組が「M-1」第14代王者の座を狙う。

かまいたち コメント

──決勝進出を決めた今のお気持ちを聞かせてください。
濱家:昨年は「キングオブコント」で優勝して、すぐあとに「M-1」。だから変に意識せずにうまいことトントントンと決勝に行けて苦しくなかったんですが、今年はこれに1年懸けてきたので、発表のときは、ほかの賞レースよりうれしかったですね。
山内:優勝を目指してやってきたので、とりあえず通過できてよかったという思い。それ以上に「さあここから気合いを入れてやな」という気持ちが大きかったです。
濱家:どの賞レースでも、優勝以外はまったく意味がないので。今までで優勝以外で意味があったのは、(昨年の「キングオブコント」2位の)にゃんこスターだけですから。

──自分たちの強み、持ち味はどこだと思いますか?
濱家:軽く聞こえてしまうかもしれませんが、仲がいいところですかね。相方ですけど、ツレみたいなところもあるからこそ生まれる僕らの笑いがあるんかなと思います。
山内:コントも漫才もロケも全部面白い。ということは“面白い=かまいたち”なんだなと。逆算しても面白くなります。
濱家:自分で言うなや(笑)。最初にかまいたちのことを考えてなくても、「漫才おもろい芸人は?」「ロケおもろい芸人は?」って逆算していくと「かまいたち面白い」に行きつくと。

──ほかのファイナリストの中で意識しているコンビは?
濱家:全員怖いですからね。
山内:しいて言うなら同期の和牛ですね。毎年最終決戦まで進んでいるし、常に怖いと思っています。

──去年から「笑御籤(えみくじ)」で当日その場で出番順が決まっていくルールになりました。ネタ順についての理想はありますか?
山内:笑御籤は自分がくじで引かれるまでずっとピリっとしておかなきゃいけないのと、ほかのコンビのネタを見ないといけないのがキツいですね。僕、自分らのネタをちゃんとしたいという思いだけで、ほかの人のネタに興味がないので、普段から見ないタイプで。ネタ順は1番以外なら何番でもいいです。去年の感じだと1番でもお客さんが笑ってくれていたので大丈夫かなとは思うんですけど、できれば1番以外がいいですね。
濱家:できればじゃなく、絶対に1番以外がいい! 出るほうはやっぱり大変ですよ。観るほうは面白いでしょうけど。でもまあ観てくれる人が面白いんやったらええか、と思っています。

──敗者復活で勝ち上がってきたら脅威になると感じるコンビはどこですか?
山内:うーん、もし上がってきたらですけど……オール阪神・巨人師匠ですね。
濱家:予選出てないのに敗者復活から来るの!? そら怖いわー(笑)。楽屋も怖くなるしな。

──優勝賞金1000万円の使い道は?
山内:家を買いたい。頭金どころか“頭の先っちょ金”くらいになっちゃうとは思うんですけど。「家を買う」と高らかに言っておけば、審査とか通りやすいんじゃないかと思って(笑)。タワーマンションの玄関が内側にあるタイプ、100平米以上を狙っています。
濱家:ヤラしいな(笑)。僕は周りの人に配りたい。僕、ある程度困らんと自分のものが買えるくらいの生活ができていたら十分なので、あとは親や奥さん、親戚に配りたいです。「キングオブコント」のときも親にあげたんですけど、「ありがとう~!」と喜ばれてめっちゃ気持ちよかったんで(笑)。

──「M-1」で勝ち上がるために特に取り組んできたことがあれば教えてください。
山内:今年初めて、“1日12ステ”の日があったんです。
濱家:NGK4回、漫才劇場4回、YESシアター3回に営業が1回。
山内:12回も出番があるので、「M-1」のネタを“たたこう”と1ステ目からかけて、直して直して。12ステ目にはだいぶよくなってました。
濱家:1ステ目は正直あまりウケなかったんですけど、10ステ目には仕上がって、11ステ12ステ目はもう遊んでました(笑)。あれいつやったっけ。8月13日や。あの日がXデーでしたね。

──決勝へ向けて意気込みを!
濱家:コントと漫才を制覇するのは僕らしかできないこと。制覇を見てみたい人が絶対いると思うんですよ。だから「見せてやるからしっかり目を開いて見とけよ!」と。
山内:カッコ悪い……。僕からは、「優勝してトロフィーを持ち帰るので、絶対にギャラ上げろよ」。両方獲った人はいないので、二刀流の大谷翔平選手と同じ。投手と打者、コントと漫才ダブルの査定の合算になるのか……どうしはるの?と。いや、「へへへ……」やなくて、と。
濱家:もう返しまで予想してんねや(笑)。絶対逃がしまへんで(笑)。

M-1グランプリ2018

ABC・テレビ朝日系 2018年12月2日(日)18:34~22:00
<出演者>
MC:今田耕司 / 上戸彩
出場者:和牛 / 霜降り明星 / ゆにばーす / 見取り図 / かまいたち / スーパーマラドーナ / ジャルジャル / トム・ブラウン / ギャロップ ほか

M-1グランプリ2018敗者復活戦

ABC・テレビ朝日系 2018年12月2日(日)14:30~16:25

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play