Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「ぼくらのショウタイム」舞台挨拶の様子。左から塚田僚一、河合郁人、橋本良亮、戸塚祥太、五関晃一、濱口優、榊英雄。

A.B.C-Z「ぼくらのショウタイム」ドラマ企画は思いつき?よゐこ濱口が語る

ナタリー

19/4/13(土) 19:40

A.B.C-Zが主演を務めるスペシャルドラマ「ぼくらのショウタイム」の劇場公開を記念した舞台挨拶が本日4月13日に神奈川・イオンシネマ港北ニュータウンで行われ、キャストの橋本良亮、戸塚祥太、河合郁人、五関晃一、塚田僚一、プロデューサーの濱口優(よゐこ)、監督を務めた榊英雄が登壇した。

メ~テレの情報番組「デルサタ」のスピンオフ企画となる本作は、A.B.C-Z扮するテレビスタッフらが「デルサタ」生放送開始までにある難題を解決するため、一致団結して奔走する姿を描いた作品。メ~テレで4月5日深夜にオンエアされ、未公開シーンを含んだディレクターズカット版が昨日12日より全国13のイオンシネマにて1週間限定公開されている。

戸塚は「グループ全員でドラマをやらせていただくというだけでもぜいたくなのに、映画館で上映することになるなんて、ここまで考えてくださった濱口さんに感謝です」と感慨深げ。「劇場版はすごいんですよ」と熱烈にアピールする塚田は「今までやってきた濱口さんとのコラボVTRも見れますし、まだ『デルサタ』をどんな番組なのか知らない人にも届けられるのが本当にうれしい」とコメント。

「撮ったどー!」とサプライズで登場し会場を沸かせた濱口は、ドラマの企画を「ごはんを食べているときの思いつき」と平然と語る。さらに「思いつきで進めていって、映画館でも上映できるといいですねという話もしていました。撮影期間は短かったので、5人が追い詰められていたなと感じました。メンバー5人の魅力が詰まった作品となっています。名古屋地区限定の情報番組から全国の皆さんに届けることができて本当にうれしい」と喜びをにじませた。

最後に、橋本は「これからも、もっといろいろなことにチャレンジしていきたい」、河合は「仲間っていいなと思える作品。一致団結して何かをやり遂げるパワーを持った作品です」と挨拶。そして五関が「たくさんのスタッフに支えられているんだなと、そして今日も観に来てくださった方々のおかげなんだと再確認した作品となっています」と述べ、イベントを締めくくった。

アプリで読む