Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

「Kuu」公開記念舞台挨拶の様子。左からDream Shizuka、坂東希、石井杏奈、山口乃々華、平林勇。

石井杏奈、山口乃々華、坂東希、セリフのない「Kuu」は「ダンスに気持ち乗せた」

ナタリー

18/7/8(日) 20:41

「Kuu」の公開記念舞台挨拶が、本日7月8日に東京・TOHOシネマズ 日比谷にて開催され、キャストの石井杏奈、山口乃々華、坂東希、監督の平林勇、主題歌を担当したDANCE EARTH PARTYのDream Shizukaが登壇した。

DANCE EARTH PARTYの楽曲「あの子のトランク」を短編映画化した「Kuu」は、ショートフィルムオムニバス「ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-」の1本。本作にはセリフがないことから、石井は台本を読んでからのことを「台本というか……企画書のような感じでした。設定や解説など、文字はたくさん書いてあるんですけど、セリフが一切書いていなくて、撮影が始まる前に監督とたくさんお話させていただき本番に挑みました」と振り返る。台本を手にしたときの感想を山口は「はじめは『え!?』と思いました(笑)。そこからさまざまなキーワードをいただいて作品を理解していきました」と話し、坂東は「ダンスに気持ちを乗せて挑みました。さらにダンスの可能性が広がると思って、非常に楽しみでした」と現場を回想した。

完成作品を観た感想を聞かれると、オムニバム内の他作品とともに鑑賞したという石井が「6作品すべて、それぞれの個性が出ていました。特に『Kuu』はセリフがないということもあり、ほかの作品とは違う色が出ていて素敵だなと思いました」と述べる。山口は「映像がすごくきれいで、壮大で、できあがった作品を観て改めて迫力を感じました。思っていた以上に細かい動きが伝わってきたので、細部にも注目して観てほしい」と、坂東は「一番わかりにくそうで、実は一番わかりやすい作品だなと思います。対話というものがしっかりと伝わる作品になった」とコメント。またDream Shizukaは「観る人によって受け取り方が変わってくる作品だと感じました。今観るのと、また時間を経て観るのとでは感じるものがまた変わってくるのかなと。本当に生きている作品だと思いました」と本作の魅力をアピールした。

作詞家・小竹正人の詞から生まれた本作。平林は「歌詞の世界観をわりとストレートに、詞から伝わることを伝えようと思いました」と狙いを明かす。主題歌のボーカルを担当したDream Shizukaは、小竹から直接連絡が来たそうで「『この曲は自分の悩んでいた若い頃にすごく似ている。この曲を通して少しでも私の未来が明るくなっていくようにというエールを込めて書いた歌詞だから』と言ってくださり、レコーディング中も涙があふれそうになることがありました。『伝えなくちゃというよりも、素直な自分に戻って、自分に歌いかけるようにシンプルに歌ってください』との言葉をいただいて、歌詞に気持ちを込めて歌いました」と収録時のエピソードを披露した。

「ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-」は全国で公開中。

(c)2018 CINEMA FIGHTERS

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play