Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

ベッド&メイキングス 第6回公演「こそぎ落としの明け暮れ」より。

テーマは“愛”、ベッド&メイキングス「こそぎ落としの明け暮れ」上演中

ナタリー

19/3/19(火) 11:31

ベッド&メイキングス「こそぎ落としの明け暮れ」が3月15日に開幕した。

「こそぎ落としの明け暮れ」は、第62回岸田國士戯曲賞を受賞した2017年の「あたらしいエクスプロージョン」ぶりに、福原充則が書き下ろす長編新作。“愛”をテーマに、登場人物が互いの善意をすり減らし右往左往する様がじっくりと描かれる。

なお一部公演では富岡晃一郎と福原が司会を務めるアフタートークが実施される。20日19:00開演回は「あたらしいエクスプロージョン」出演者の八嶋智人をゲストに迎えた「『あの賞は一体誰のおかげで取れたのか?』をいまさら検証する会」第1弾、21日14:00開演回は川島海荷と大鶴佐助をゲストに迎えたその第2弾、22日14:00開演回は出演者の野口かおる、島田桃依、佐久間麻由による「それぞれ全く毛色の違う演技の組み立て方をする女優陣による、けっこう真面目に演技について語る会」、22日19:00開演回は木野花と桑原裕子を迎えた「福原憧れの五大女傑の中からお二人を招いて告白する、少し遅めのホワイトデー会」が行われ、25日19:00開演回は、岸井ゆきのと玉置玲央が登場する。

東京公演は3月27日まで、東京・東京芸術劇場 シアターイーストにて。その後、4月6日に長野・まつもと市民芸術館 小ホール、4月10日三重県 四日市地域総合会館 あさけプラザ ホール、4月13・14日に福岡・北九州芸術劇場 小劇場と巡演する。上演時間は約2時間5分。

ベッド&メイキングス 第6回公演「こそぎ落としの明け暮れ」

2019年3月15日(金)~27日(水)
東京都 東京芸術劇場 シアターイースト

2019年4月6日(土)
長野県 まつもと市民芸術館 小ホール

2019年4月10日(水)
三重県 四日市地域総合会館 あさけプラザ ホール

2019年4月13日(土)・14日(日)
福岡県 北九州芸術劇場 小劇場

作・演出:福原充則
出演:安藤聖、石橋静河、町田マリー、吉本菜穂子、野口かおる / 島田桃依、葉丸あすか、佐久間麻由 / 富岡晃一郎

アプリで読む