Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「HKT48コンサート in 東京ドームシティホール~今こそ団結!ガンガン行くぜ8年目!~」の様子。(c)AKS

HKT48宮脇咲良&矢吹奈子送り出した8年目幕開けライブ、指原莉乃の卒業発表で大粒の涙

ナタリー

18/12/16(日) 18:26

昨日12月15日に東京・TOKYO DOME CITY HALLにて、HKT48の単独コンサート「HKT48コンサート in 東京ドームシティホール~今こそ団結!ガンガン行くぜ8年目!~」が開催された。

11月26日に福岡・西鉄ホールで結成7周年イベントを行ったHKT48は、活動8年目の幕開けを飾るコンサートとしてグループ初のTOKYO DOME CITY HALLでの単独公演を開催。7周年イベントでお披露目されたばかりの5期生のほか、2年半後まで日韓合同グループIZ*ONEの専任メンバーとして活動する宮脇咲良と矢吹奈子も参加した。

宮脇、矢吹による影ナレと「overture」が流れたあと、メンバーのシルエットが浮かび上がった紗幕が落ちてライブはスタート。HKT48は観客を煽りながら「HKT48」「スキ!スキ!スキップ!」「ぶっ倒れるまで」といったアップテンポのナンバーを立て続けに届け、「桜、みんなで食べた」の曲中にはトロッコに乗った指原莉乃と宮脇が客席近くで歌唱してファンを魅了。最初のMCでは指原が「2人がいるのが早くも不思議な感じ」とIZ*ONEメンバーの2人に触れ、矢吹に「HKTにいるときのほうが痩せて見える。ガリガリだよ」と声をかけて笑いを誘う。またケガにより活動を制限し、約1年ぶりにダンスを披露した朝長美桜は感極まった様子で目に涙を浮かべていた。

その後ステージ上には5期生メンバー14人が整列。指原の「この中に申年いる?」という自身と12歳以上開いた年齢差を自虐ネタにしたトークを経て、「初恋バタフライ」「メロンジュース」をフレッシュにパフォーマンスした。ユニット曲のブロックでは矢吹が田中美久との“なこみく“コンビで「生意気リップス」、宮脇が村重杏奈と「思い出のほとんど」をデュエット。宮脇は曲の序盤から大粒の涙を流し、場内はセンチメンタルなムードに包まれた。続く指原、今田美奈、坂口理子、下野由貴、田中菜津美といったグループ内の歳上メンバーによるユニットは研究生の楽曲「覚えてください」を笑顔で歌い、「全員合わせて年齢は109歳!」と自分たちの年齢をネタにして会場を盛り上げた。

次のMCでは冨吉明日香による企画「返ってきたっ!! 冨吉オーディション」が展開され、5期生メンバー3人の特技を植木南央が審査。石橋颯がキックボクシングの技を、上島楓がバトントワリングを披露して観客を驚かせたが、結果は14個もの持ちネタを用意し、一瞬で歯茎を出すという芸を見せたり、植木とエアバドミントンを繰り広げたりした工藤陽香が優勝を勝ち取った。初期の楽曲を含むメドレーを挟み、矢吹がトロッコに乗って「いじわるチュー」、宮脇がピンクの衣装を着て「彼女」を響かせたあとには、指原に呼び込まれた5期生の竹本くるみが泣きじゃくりながらステージに登場。序盤のMCで指原から「この中に申年いる?」と聞かれた際、申年なのに挙手し忘れたことを悔やんで泣いていることを明かし、観客を和ませた。また指原はテレビ東京「青春高校3年C組」の元メンバーである長野雅の独特な踊り方をいじり、「すごい逸材が来た感がある」と興味津々な様子を見せていた。

MCでひとしきり盛り上がったHKT48は「Chain of love」「しぇからしか!」「大人列車」「12秒」などをノンストップで畳みかけ、会場のボルテージを上昇させていく。場内が熱気で満たされる中、松岡はなは「2人とこのポジションで踊るのが最後かもしれないと思ったら……」と号泣。矢吹は「皆さんにこれからも応援してもらえるように精一杯がんばって、絶対に成長して帰って来たいと思います」と意気込みを述べ、宮脇は声を詰まらせつつ「思い出がありすぎるから少し離れるだけでも寂しさがあるんですけど、今新しい場所で少し活動してみてHKT48で7年間やってきたことは無駄じゃないんだなと思ったので、これからの2年半も無駄にならないと思います。お互いに切磋琢磨し合って、遠くにいても仲間だから、ずっと応援してください」とファンに呼びかけた。そして彼女たちは「最高かよ」でライブ本編を締めくくり、銀テープが降り注いだ客席に手を振りながらステージをあとにした。

アンコールでは「早送りカレンダー」「HKT城、今、動く」が披露されたのち、指原が突如グループからの卒業を発表。ファンがどよめく中、指原は4月28日に神奈川・横浜スタジアムで卒業コンサートが、卒業後の5月28日に福岡・マリンメッセ福岡で“大感謝祭”が行われることを告げ、「ずっと前から卒業が心のどこかにあって。でもみんなが本当に大好きで、それにずっと甘えてなかなか発表ができなくて、いつも今日かもしれないと思ってコンサートを進めてきました」と涙ながらに胸の内を明かした。さらに「私の最後のわがままだと思ってください。いっぱい考えて出した結果なので私の背中を押していただけるとうれしいです」「年号が変わるまで一生懸命アイドルとしてがんばりたいと思います」としっかりとした口調で述べた彼女は、泣いて悲しむメンバーを鼓舞。HKT48は「引っ越しました」「草原の奇跡」を歌唱し、指原の「明るい歌を歌って終わろう!」という言葉からこの日2度目の「桜、みんなで食べた」を届けてコンサートの幕を閉じた。

HKT48「HKT48コンサート in 東京ドームシティホール~今こそ団結!ガンガン行くぜ8年目!~」2018年12月15日 TOKYO DOME CITY HALL セットリスト

00. overture(HKT48 ver.)
01. HKT48
02. スキ!スキ!スキップ!
03. ぶっ倒れるまで
04. 桜、みんなで食べた
05. 初恋バタフライ
06. メロンジュース
07. おしべとめしべと夜の蝶々
08. キャンディー
09. 天使はどこにいる?
10. 週末Not yet
11. 生意気リップス
12. 思い出のほとんど
13. 覚えてください
14. 既読スルー
15. 夏の前
16. 微笑みポップコーン
17. 今がイチバン
18. 片思いの唐揚げ
19. 制服のバンビ
20. 波音のオルゴール
21. キレイゴトでもいいじゃないか?
22. 恋するRibbon!
23. お願いヴァレンティヌ
24. いじわるチュー
25. 彼女
26. Chain of love
27. 空耳ロック
28. しぇからしか!
29. ウィンクは3回
30. ロックだよ、人生は...
31. 大人列車
32. 12秒
33. 最高かよ
<アンコール>
34. 早送りカレンダー
35. HKT城、今、動く
36. 引っ越しました
37. 草原の奇跡
38. 桜、みんなで食べた

指原莉乃 卒業コンサート

2019年4月28日(日)神奈川県 横浜スタジアム

指原莉乃 大感謝祭

2019年5月28日(火)福岡県 マリンメッセ福岡

アプリで読む