Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

「君の膵臓をたべたい」完成披露試写会の様子。左からsumika、和久井映見、高杉真宙、Lynn、藤井ゆきよ、内田雄馬、牛嶋新一郎。

アニメ「キミスイ」Lynnが高杉真宙とのアフレコを回想「充実した時間でした」

ナタリー

18/7/24(火) 20:21

劇場アニメ「君の膵臓をたべたい」の完成披露試写会が本日7月24日に東京・Zepp DiverCity TOKYOで行われ、キャストの高杉真宙、Lynn、藤井ゆきよ、内田雄馬、和久井映見、主題歌を手がけたsumika、監督を務めた牛嶋新一郎が出席した。

住野よるの同名小説をもとに、膵臓の病気を抱えた高校生・山内桜良と彼女の闘病日記を見つけた同級生“僕”の関係を描いた本作。高杉真宙が“僕”、Lynnが桜良に声を当てたほか、桜良の親友・恭子役で藤井、桜良の元彼である隆弘役で内田、桜良の母親役で和久井が参加している。

「愛情を持って作っていただいた」と本作の制作を振り返る牛嶋。「ワンカット、ワンカット絵を作ってくださった皆さん、声を当ててくださった皆さん。妥協を許さず、僕もその愛情に負けないよう必死だった。いい作品になったと自信を持って言えます」と作品への思いを述べる。本作の感動ポイントを「もう全部です!」と言い切った藤井は「アフレコも号泣しながら収録して(笑)。それから完成作をお家で3回観たときも、今朝観返したときも泣いてしまいました。もう頭が痛い(笑)」とはにかみながら魅力を熱弁した。

マンガやアニメ、ゲームが好きなことで知られる高杉は、声優を務めることが1つの夢だったという。オファーを受けたときのことを「もう唖然としました。うれしさとか緊張ではなくて、びっくりしすぎて。返事も淡白な感じになりました(笑)」と述懐。昨日完成した作品を観たばかりの彼は「まだ客観的な判断ができないですが、今は皆さんの反応が気になってすごく緊張してます」と明かした。Lynnは原作を初めて読んだ際の印象を「温かい言葉がたくさん胸に残った」と回想し、「そういった言葉はアニメーションにも出てきます。アニメならではの幻想的な描写もあって、桜良として生きることができて幸せだなあって実感してます」としみじみ語る。

共演シーンの多い高杉とLynnのアフレコは同じ現場で行われた。「Lynnさんのおかげで“僕”を演じきることができた」と高杉が話すと、Lynnは「うれしいですね」と照れ笑いを浮かべ「高杉さんのお声を初めて聞いたときに『ああ、これが“僕”だな』とすごくしっくりきたんです。2人の掛け合いが心地よくて、充実したアフレコの時間でした」と思いを伝えた。和久井も「まるでそこに“僕”が存在しているようでした」と高杉を称賛した。

「君の膵臓をたべたい」は、9月1日から全国でロードショー。

(c)住野よる/双葉社 (c)君の膵臓をたべたい アニメフィルムパートナーズ

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play