Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

アーツカウンシル東京のロゴ(右)、「Tokyo Tokyo FESTIVAL」のロゴ(左)。

「Tokyo Tokyo FESTIVAL」12の公募プログラムが決定、シークレット企画も

ナタリー

19/2/27(水) 22:12

「Tokyo Tokyo FESTIVAL 企画公募」に関するメディア懇談会が本日2月27日に東京都内で行われた。

東京都とアーツカウンシル東京が主催する「Tokyo Tokyo FESTIVAL」は、オリンピック・パラリンピックが開催される2020年に向けた文化プログラム。本日の会見では、2436件の応募の中から選ばれた公募プログラムより、すでに公開されている5企画に加え、新たに7企画のプログラムが発表された。

実施が決定したのは、アスリートの動作と日本の庭園を題材にしたロボットインスタレーション「The Constant Gardeners」、東京の街を舞台に、高齢者の記憶と夢に寄り添ったストーリーが展開していくツアー型演劇「The speed of light」、参加型の音楽&アートフェスティバル「隅田川怒涛」、“舞踏 / Butoh”を中心とした実験的芸術のフェスティバル「TOKYO REAL UNDERGROUND」、日本人建築家とアーティストが都内に複数のパビリオンを設置するプロジェクト「パビリオン・トウキョウ2020」、さまざまな文化的リソースをつなぎ合わせ、ダンスが生まれる回路を地域内に構築する「放課後ダイバーシティ・ダンス」、複数のマンガ家が“もしもの東京”を題材にした作品を発表する展覧会「漫画『もしも東京』展」。

さらに、都市型パブリックアートイベント「SYN LIGHT DANCE IN TOKYO ~東京の未来を視る」、世界の無形文化遺産が集結する「世界無形文化遺産フェスティバル」、移動型のパフォーマンス公演「DANCE TRUCK TOKYO」、銭湯をテーマにしたアートプロジェクト「TOKYO SENTO Festival 2020」、とある“顔”を東京の空に出現させるプロジェクト「まさゆめ」といった5企画がラインナップされた。また上記の12企画のほか、シークレット企画も1つ用意されており、こちらの詳細は後日発表される。

「Tokyo Tokyo FESTIVAL」

「The Constant Gardeners」

企画者:Jason Bruges Studio

「The speed of light」

企画者:Marco Canale

「SYN LIGHT DANCE IN TOKYO ~東京の未来を視る」

企画者:ライゾマティクス

「隅田川怒涛」

企画者:特定非営利活動法人トッピングイースト

「世界無形文化遺産フェスティバル」

企画者:公益社団法人全日本郷土芸能協会

「DANCE TRUCK TOKYO」

企画者:全日本ダンストラック協会

「TOKYO SENTO Festival 2020」

企画者:TOKYO SENTO Festival 2020実行委員会

「TOKYO REAL UNDERGROUND」

企画者:特定非営利活動法人ダンスアーカイヴ構想

「パビリオン・トウキョウ2020」

企画者:パビリオン・トウキョウ2020実行委員会(ワタリウム美術館)

「放課後ダイバーシティ・ダンス」

企画者:ADD実行委員会

「まさゆめ」

企画者:目

漫画「もしも東京」展

企画者:漫画「もしも東京」展実行委員会

※五十音順。企画名は仮称のため、変更になる場合あり。

アプリで読む