Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「虹色の朝が来るまで」

LGBTと老いを描く「老ナルキソス」の上映も、大須にじいろ映画祭が明日より開催

ナタリー

19/2/15(金) 16:40

「大須にじいろ映画祭2019」が明日2月16日から17日にかけて愛知・シアターカフェと大須演芸場にて開催される。

2015年から始まった「大須にじいろ映画祭」は、セクシャルマイノリティを含め、すべての人が自分らしく自由に生きられる社会を支持するため、映画を通じて理解を深めてほしいという願いが込められた映画祭。今回は“ろう×LGBT”という切り口から、ろう者である今井ミカが監督を務めたドラマ「虹色の朝が来るまで」や、“LGBTと老い”というテーマで集められた、第27回レインボー・リール東京グランプリ受賞作「老ナルキソス」、大阪・新世界でお好み焼き店を営むママを追ったドキュメンタリー「わたしの居場所~新世界物語~」などがスクリーンにかけられる。

そのほか、公募したフィルムコンペティション5作品の上映や監督などのトークも。予約チケットは映画祭の公式サイトにて、本日2月15日の23:59まで受け付ける。またシアターカフェ店頭でも販売中だ。上映スケジュールなどの詳細は、公式サイトで確認しよう。

大須にじいろ映画祭2019

2019年2月16日(土)愛知県 シアターカフェ / 2月17日(日)愛知県 大須演芸場

シアターカフェ上映作品

<マキタカズオミ監督特集>
「リクエスト・コンフュージョン」
「ファントム・ジェニー」

大須演芸場上映作品

「イッショウガイ」
「虹色の朝が来るまで」
「わたしの居場所~新世界物語~」

<フィルムコンペティション上映>
「幸福な、」
「汲めども尽きぬ 君になら」
「高校5年生」
「あり。」
「バージンロード」

<特別招待作品>
「老ナルキソス」

アプリで読む