Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

とまん、『十二人の死にたい子どもたち』13人目の死体役で出演 公開記念実演イベントも

リアルサウンド

19/1/11(金) 12:00

 モデルや俳優として活躍中のとまんが、1月25日公開映画『十二人の死にたい子どもたち』に13人目の死体役として出演していることが明らかになった。

参考:<a href=”https://www.realsound.jp/movie/2019/01/post-302343.html”>求められるのは常套設定を超越する何か? 菅田将暉×永野芽郁『3年A組』は推測しにくいドラマに</a>

 本作は、“安楽死”を求め廃病院へと集まった見知らぬ12人の死にたい“未成年たち”によって繰り広げられる密室サスペンス。「みんなで死ねば、怖くないから」と思っていた矢先、彼らはそこで13人目のまだ生あたたかい死体に遭遇。彼らだけしか知らない計画のはずだったが、13人目が現れたことにより、彼らの安楽死は阻まれてしまう。あちこちに残る不自然な犯行の痕跡や次々起こる奇妙な出来事。死体の謎と犯人をめぐり、疑心暗鬼の中ウソとダマしあいが交錯し、12人の死にたい理由が生々しくえぐられていく。

 “死にたい12人”に扮するのは、杉咲花、新田真剣佑、北村匠海、高杉真宙、黒島結菜、橋本環奈、吉川愛、萩原利久、渕野右登、坂東龍汰、古川琴音、竹内愛紗。ドラマ『池袋ウエストゲートパーク』や『SPEC』シリーズ(ともにTBS系)の堤幸彦監督がメガホンを取った。

 とまんが演じる13人目の存在は“謎”そのものであり、本作で描かれる“密室サスペンス”の柱という重要な役割を果たす。また、公開を記念して13人目の死体役“生”実演の開催も決定。1月19日に東京・新宿ピカデリーの1Fエントランスにて、とまん自らが登場し、13人目の死体役として登場する。劇場オープン時より整理券配布の上、各回人数制限を設け複数回実施予定。スケジュールを含む詳細は、追って公式サイトと公式Twittterにて発表される予定だ。(リアルサウンド編集部)

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える