Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

「殺る女」初日舞台挨拶の様子。左から駿河太郎、知英、武田梨奈、宮野ケイジ。

知英、「殺る女」共演者の武田梨奈と駿河太郎に天然認定され照れ笑い

ナタリー

18/10/27(土) 22:39

「殺る女」の初日舞台挨拶が本日10月27日に東京のシネ・リーブル池袋で行われ、キャストの知英、武田梨奈、駿河太郎、監督を務めた宮野ケイジが登壇した。

本作は幼い頃に家族の命を奪われた殺し屋・愛子が、“腕にタトゥーがある男”を探し出し復讐するさまを描くバイオレンスアクション。愛子を演じた知英は「感情的にもセンシティブな役で、でも腕がある冷静な人、何を考えているかわからない冷たい人だったんですけど、そういう愛子としてどういうふうに向き合えばいいのかなと悩みましたが、そこは監督に助けていただいてがんばりました」と述懐する。撮影を振り返り「いい時間を過ごせたなと思いましたし、今でも愛子に会いたいです」と感慨をにじませた。

知英の印象を問われた武田は「完璧すぎてすべてがキラキラしているのでなんとも言えないです。でもこの間、取材のときにちょっと天然っぽい発言をされていて、そのちょっとした隙もまた素敵だなと思いました」と明かす。駿河は知英と宮野とともに赴いたプチョン国際ファンタスティック映画祭を振り返り「すごく明るい人だということを韓国で知りました。韓国で長い時間、一緒に過ごさせてもらったんですけど、ちょっと天然かなと思うことはありました」と語る。2人から天然と認定された知英は照れ笑いを浮かべていた。

韓国、アメリカ、フィリピン、タイと海外からのキャストも多数参加する本作だが、宮野は「国際色は意識をしていなかった」と語る。続けて「知英さんのパートは英語が飛び交う現場ではありましたが、俳優さんって演出の以前に役に向き合って、自分で答えを出さなきゃいけない部分が必ずあるんです。でも、皆さんちゃんと理解されたうえで現場に入られたので、僕はジャッジをしやすかったですね。素晴らしかったです!」とキャスト陣を称賛した。

本作の内容にちなみ「自分と向き合っていると思う瞬間は?」という質問が飛ぶ。知英は「お芝居って自分と向き合うことなのかなと思っていたんですけど、最近は自分と向き合うのではなくて、その役になるには自分はどうすればいいんだろうって考えになったんです。いろんな役に出会っていくうちに、そういうことが楽しくなってきて、最近はそういうことを考えている時間が好きですね」と述べた。

「殺る女」は全国で公開中。

(c)2018「殺る女」製作委員会

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play