Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「CITY」ビジュアル(宣伝美術:名久井直子、宣伝写真:井上佐由紀)

藤田貴大×柳楽優弥「CITY」、現代都市を舞台に“善と悪”の相克描く

ナタリー

19/1/14(月) 12:32

藤田貴大の新作「CITY」が5月18日から26日に埼玉・彩の国さいたま芸術劇場 大ホール、5月29日に兵庫・兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール、6月1・2日に愛知・穂の国とよはし芸術劇場 PLAT 主ホールにて上演される。

本作は、現代の都市を舞台にした“ヒーロー”の物語。事故で亡くなった妹の死を疑問に感じた兄は、孤児として一緒に育った青年と共に、妹の死の真相を追うことになり……。多様な価値観が存在する現代社会を舞台に、“正義とは? 悪とは?”に迫る。

兄役には、2015年に上演された「NINAGAWA・マクベス」以来の舞台出演となる柳楽優弥がキャスティングされた。またヒーローと対峙するヴィラン(敵)役を井之脇海、主人公を支える協力者で物語の要となる役どころを宮沢氷魚、妹役を青柳いづみ、猟奇的な連続殺人犯をさいたまネクスト・シアターの内田健司が演じる。さらにANREALAGEの森永邦彦が衣装を手がけるのにも注目だ。

チケットは、埼玉公演分が2月2日、兵庫・豊橋公演分が3月23日に販売を開始する。

「CITY」

2019年5月18日(土)~26日(日)
埼玉県 彩の国さいたま芸術劇場 大ホール

2019年5月29日(水)
兵庫県 兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール

2019年6月1日(土)・2日(日)
愛知県 穂の国とよはし芸術劇場PLAT 主ホール

作・演出:藤田貴大
出演:柳楽優弥、井之脇海、宮沢氷魚、青柳いづみ / 菊池明明、佐々木美奈、石井亮介、尾野島慎太朗、中島広隆、辻本達也、波佐谷聡、船津健太、山本直寛 / 内田健司、續木淳平

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える