Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

左から蜷川実花、中谷美紀、池田エライザ。

蜷川実花の「FOLLOWERS」は“女性のための作品”、中島美嘉の出演も明らかに

ナタリー

19/6/25(火) 17:41

Netflixオリジナルドラマ「FOLLOWERS」の監督・蜷川実花とキャストの中谷美紀、池田エライザが、本日6月25日に東京・マンダリン オリエンタル 東京で開催されたNetflixオリジナル作品祭に登壇した。

東京の街を舞台に、SNSが浸透した現代社会で影響し合う女性たちを描く本作。人気写真家の主人公・奈良リミを中谷、女優を夢見て上京し挫折を味わいながらも成長していく百田なつめを池田が演じ、夏木マリ、板谷由夏、コムアイ(水曜日のカンパネラ)、上杉柊平、金子ノブアキ、ゆうたろうも出演している。

Netflixのオリジナルドラマや映画を紹介する同イベント。蜷川は本作が現在撮影中であることを明かし、中谷は「女性による女性のための、素晴らしい作品ができあがりそうです。今や女性・男性ということにこだわる時代ではないのかもしれませんが、女性写真家役として屹立とした存在であり続けられるようにがんばりました」と、池田は「『こんなセリフ言いたくない』と思うほど生々しい姿が描かれています。観てくれる皆さんのために、なつめは転がり回っています」と現場の手応えを語った。

中谷は、蜷川とのタッグについて「私自身の人生観が水墨画の世界だとしたら、蜷川さんは極彩色の曼荼羅。自分がいかに溶け込めるかを大切に演じました」と言い表し、写真家という役については「普段の私は“被写体側”ですが、人生の観察者でありたいとは思っています。今回カメラを通じてエライザちゃんのような素敵な皆さんを観察させていただけたのが幸せでした」とコメントする。そして池田は「なつめとして転がりながらも、うっかり救えるものがあるんじゃないかという気持ちで、なるべくいろんな方の悩みに寄り添える要素を探しました」と役作りを振り返った。

本作は、リミの“女子会仲間”となつめの友人たち、2つの物語が軸となっている。「2つのドラマを撮っている気分」だという蜷川は「リミの部分は自分の経験がベースなので、現実なのか撮影なのかわからなくなるくらい。なつめの部分は、自分が忘れてきてしまった感覚を思い出させてくれるんです。私にも『なんで世界は早く私に気付いてくれないんだろう?』って悩んでいた時期があったなあ、と」としみじみ語る。また、本作に込めた思いを「“こうでなければいけない”ということを一度疑うのが大事だと思う。自分にとって何が心地いいかを考えるべきで、子供を産む・産まないも、どちらでもいい。女性だからできないこともたくさんあるけど、それをどうやっていい方向に持っていくかを考えたい。女の子がやる前からあきらめていることに対しても、『あきらめなくていいじゃん!』って背中を押せるような作品にしたいと思いました」と説明した。

蜷川が池田との会話内容をセリフに盛り込んだと明かすと、池田は「私の言った言葉がなつめの友人や恋人のセリフになっているから、『それ私が言ったことじゃない?』みたいな(笑)。私の言葉に私自身が怒られてます」と笑う。また中谷は「すべての女性を応援する作品であり、ジェンダーマイノリティの方々に対しても寛容な作品になっていると思う。でもあまり深く考えず、軽い気持ちで楽しんでいただけたら」と視聴者へメッセージを送った。

なおこのトークコーナーにて、本作に中島美嘉が出演することも発表された。蜷川組初参加となる中島は、板谷演じる群青あかねがマネジメントする人気歌手、sayo役で出演。蜷川は彼女との撮影を振り返り「ものすごく素晴らしかった! ご自身のやってきたことに近い役でもあるので、すごいシーンが撮れています」と自信をのぞかせた。

「FOLLOWERS」は2020年初頭に、Netflixで独占配信予定。

※記事初出時より、写真を4点追加しました。

アプリで読む