Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

俳優座劇場プロデュースNo.106「音楽劇 母さん」より。(撮影:飯田研紀)

「音楽劇 母さん」開幕、「ミュージカルでも台詞劇でもない体験を」

ナタリー

19/3/4(月) 17:19

俳優座劇場プロデュース「音楽劇 母さん」が本日3月4日に東京・俳優座劇場にて開幕する。

作を堀江安夫、演出を横山由和が手がける本作は、「リンゴの唄」「長崎の鐘」「ちいさい秋みつけた」などの作詞で知られるサトウハチローとその母を軸にした物語。ピアノとバイオリンの生演奏が彩る今作では、土居裕子が八郎の母・春を、阿部裕が詩人を演じる。

開幕に際し横山は、「『音楽劇 母さん』は、サトウハチローという特定の人物を中心に描いておりますが、実は、より普遍的な私たち一人一人のことを描いています」と作品を紹介すると共に、「歌とストーリーが織りなすスタイルは、ミュージカルでも、台詞劇でも味わえない独特な体験を観客のみなさまにお届け出来ると、確かな手応えを感じております。見逃したら絶対に損をしますよ!」と観客に呼びかけた。

上演時間は休憩ありの約2時間35分。公演は3月10日まで。なお初日と千秋楽のチケットは販売を終了している。

横山由和コメント

3月4日からはじまる「音楽劇 母さん」は、サトウハチローという特定の人物を中心に描いておりますが、実は、より普遍的な私たち一人一人のことを描いています。
歌とストーリーが織りなすスタイルは、ミュージカルでも、台詞劇でも味わえない独特な体験を観客のみなさまにお届け出来ると、確かな手応えを感じております。見逃したら絶対に損をしますよ!

俳優座劇場プロデュースNo.106「音楽劇 母さん」

2019年3月4日(月)~10日(日)
東京都 俳優座劇場

作:堀江安夫
演出:横山由和
音楽:新垣雄
出演:土居裕子、阿部裕、町屋圭祐、福沢良一、浅野雅博、仲本詩菜、佐藤礼菜、小暮智美、新垣雄(ピアノ)、植村薫(バイオリン)

アプリで読む