Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「こえをきかせて」「グラグラ」「焦燥」合同記者会見の様子。左から渡辺万美、永岡怜子、小田飛鳥。

「エロティカ クイーン」第1弾初日に女優3人がそろい踏み

ナタリー

19/4/6(土) 23:04

キングレコード発の新映画レーベル「KING RECORDS presents エロティカ クイーン」より、第1弾作品「こえをきかせて」「グラグラ」「焦燥」が本日4月6日に公開。東京・渋谷ユーロライブにて合同記者会見が開催された。

「KING RECORDS presents エロティカ クイーン」は、大人の男女に魅力的な作品を発信することをコンセプトに発足したレーベル。この日の記者会見には、「こえをきかせて」のヒロイン渡辺万美と監督のいまおかしんじ、「グラグラ」のヒロイン永岡怜子、「焦燥」のヒロイン小田飛鳥、両作の監督を務めた高原秀和が出席した。

渡辺は平成を「常にエロスな仕事をしてきました」と振り返ると、「平成が終わるのは寂しいけど、令和ではニュー万美としてもっとエロスを追求します!」と力強く宣言。劇中で処女を演じた永岡は「昔を思い出しつつ、処女が思うであろうエロスを研究して演じた」と恥ずかしがりながら答える。

年の差ラブストーリーである「焦燥」にちなんで、おじさんとのエピソードを聞かれた小田は「ある有名な落語家さんが大好きなんです! 自分の写真集や切り抜きを手紙に添えて送って、その人にいい女だと思ってもらえるようがんばっています」と回答。さらに、いまおかは「渡辺さんは根性があるんですよね。堂々としていて現場を引っ張ってくれました」と、高原は「2人とも脱ぎっぷりがいい!」とそれぞれのヒロインを称賛した。

「こえをきかせて」「グラグラ」「焦燥」は、4月8日まで東京・ユーロライブで限定上映される。

※高原秀和の高は、はしごたかが正式表記

※「こえをきかせて」「焦燥」「グラグラ」はR15+指定作品

(c)2019 キングレコード

アプリで読む