Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

横浜流星が意味深なセリフを呟く 『いなくなれ、群青』特報映像公開

リアルサウンド

19/6/5(水) 7:00

 横浜流星主演映画『いなくなれ、群青』より、特報映像が公開された。

【動画】『いなくなれ、群青』特報映像

 本作は、累計発行部数85万部を超える河野裕の同名小説を実写映画化する青春ミステリー。悲観主義の七草と、理想主義の真辺由宇の根本から矛盾し合っている2人が、階段島で再会を果たす。奇妙だけれど平和で安定した生活を送る住民たちの日常は、真辺由宇の登場によって大きく動き始める。奇妙な島、連続落書き事件、そこに秘められた謎……。どうしてここにいるのか、彼女はなぜここに来たのか。やがて明かされる真相は、青春に残酷な現実を突きつける。

 ミステリアスな雰囲気を身にまとう七草を横浜が演じ、誰よりも真っ直ぐで、正しく、凜々しい少女・真辺由宇役を飯豊まりえが務める。アメリカの高校在学中の2001年に、短編映画でバッカイフィルムフェスティバルのオハイオ州優秀賞を受賞し、帰国後、カメラマン・映像監督として活動してきた柳明菜が監督を務めた。

 公開された特報映像は、「階段島、人口はおよそ2,000人。僕たちはある日突然、この島にやってきた」という七草の小説の中に登場する印象的なセリフから始まる。階段島という小さな港のある自然豊かな島の幻想的な美しい光景、七草の通っている高校が映し出され、「どうしてこの島にやってきたのか知る人はいない。みんなその時の記憶を失っている」と、七草の意味深なセリフが続く。「この物語はどうしようもなく、彼女に出会った時から始まる」という七草の言葉を、叙情的な音楽が包み込む映像に仕上がっている。

(リアルサウンド編集部)

アプリで読む