Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

阿部サダヲ&吉岡里帆がバイクで逃亡、麻生久美子は眼帯姿に 『音量を上げろタコ!』場面写真

リアルサウンド

18/7/19(木) 12:00

 『時効警察』シリーズの三木聡が監督・脚本を務める映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』より、場面写真が公開された。

参考:<a href=”http://www.realsound.jp/movie/2018/07/post-222684.html”>写真はこちら</a>

 本作は、4オクターブの音域とすべての人を虜にする声量をもつ一方、“声帯ドーピング”というオキテ破りな秘密を抱えるロックスター・シンと、シンとは対照的に異様に声が小さく何事にも逃げ腰なストリートミュージシャン・ふうかの出会いを描くロックコメディ。

 シンを阿部サダヲ、ふうかを吉岡里帆が演じる。吉岡は撮影のため、半年間に渡るギターと歌唱の特訓を経て本作に臨んだ。さらに、千葉雄大、麻生久美子、小峠英二(バイきんぐ)、ふせえり、田中哲司、松尾スズキが集結した。

 また、シンが歌う主題歌「人類滅亡の歓び」を作曲したのは、L’Arc~en~Cielのボーカルやソロとして世界で活躍するHYDE。作詞は元SUPERCARのいしわたり淳治。そして、ふうかが歌うもうひとつの主題歌「体の芯からまだ燃えているんだ」の作詞・作曲を、シンガーソングライター・あいみょんが務め、本作の音楽には全14組のアーティストが参加する。

 公開された場面写真では、 サイドカー付きバイクに乗って逃亡するシンとふうか、シンのレコード会社の担当者・坂口がシンに胸ぐらを掴まれてガンを飛ばされ、目が点になるカットなどの計6点。そして、「見た目はパンチが効いている」と自身が語る麻生のインパクト大な眼帯姿や、レッド・ツェッペリンの元マネージャー、ピーター・グラントをイメージしたという田中のハゲた強面社長姿が披露された。(リアルサウンド編集部)

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play