Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「脚本家という仕事 ヒットドラマはこうして作られる」表紙

バカリズム、書籍「脚本家という仕事」に登場

ナタリー

19/2/8(金) 13:20

2月20日発売の書籍「脚本家という仕事 ヒットドラマはこうして作られる」(東京ニュース通信社)に、バカリズムのインタビューが掲載される。

本書は、脚本家やテレビプロデューサーへの取材を通じてドラマが生み出される過程に深く迫る1冊。脚本家志望の読者に向けて、シナリオスクールの有効な活用法、シナリオコンクールに応募する際の心得なども紹介する。

「第36回向田邦子賞」を受賞し「架空OL日記」(読売テレビ系)をはじめ、「素敵な選TAXI」(関西テレビ系)、「黒い十人の女」(読売テレビ系)、「生田家の朝」(日本テレビ)といったドラマの脚本を手がけてきたバカリズムは、それらの作品を制作する裏側について語った。このほかインタビューページには大石静、岡田惠和、井上由美子、古沢良太などの脚本家が登場する。

アプリで読む