Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

左から草川拓弥(超特急)、菊地亜美。

超特急タクヤ、役と真逆の謙虚さ明かされ照れ笑い「サクらんぼの恋」舞台挨拶

ナタリー

18/10/28(日) 14:32

超特急のタクヤこと草川拓弥と菊地亜美が、本日10月28日に東京・新宿バルト9にて行われた映画「サクらんぼの恋」の舞台挨拶に登壇した。

「サクらんぼの恋」は昨日10月27日に公開された、宮川大輔の初主演作。お人よしで気が弱く、45歳で童貞の主人公・山川則夫(宮川)が桜井ユキ演じる憧れのAV女優・恩田リオと出会いピュアな恋に落ちる姿を描き出すラブストーリーで、草川は今作でリオの弟・相馬大地を演じた。

ステージに姿を見せるやいなや、共演の菊地亜美に「(役が)すごい怖かったよね!?」とツッコまれた草川は、役柄について「ちょっとサイコパスと言うか、変わった役で。今までにいただいたことのない役だったので台本を初めて見たときは『マジか』と思ったけど、個人的にはそういう役のほうがやってみたかったし、役柄としては好きだったのでうれしかったです」と返す。劇中には宮川を背後から蹴るというシーンもあり、これについて草川は「いくら芝居とは言え人の背を蹴るって……とは思ったけど、宮川さんが『思い切り来ていいよ』と言ってくださったので思い切り蹴ってやりました(笑)」と撮影を振り返った。

登壇の2人はこの日が初対面だったが、挨拶の中では菊地が草川の謙虚さを観客に明かす場面も。司会者が「噂で聞いたんですが、今日の衣装、草川さんが菊地さんに合わせたんですって? 普通逆でしょう?(笑)」と出番の多さの違いを理由に菊地に問いかけると、彼女は「ホントにそうなんですよ。私もそう思ったんですけど、草川さんが『大丈夫です、大丈夫です』って。すごい謙虚な方で!」と返す。これに草川は照れ笑いを浮かべ「いや、僕自身が優柔不断なんで……」とつぶやいていた。

自由奔放な菊地の勢いは止まらず、彼女は挨拶中、客席に座る草川のファンに「(草川の)イメージカラーは緑なの? こんなに近くで見られると思ってなかったでしょ?」と声をかける。すると草川は、昨日10月27日に超特急がHYDE主催のハロウィンイベント「HALLOWEEN PARTY 2018 supported by XFLAG」に出演したことを話題に挙げ「昨日は僕、ティンカーベルの仮装をやったんです。それで今日コレ(相馬大地)でしょう? もうわけわかんない、めちゃくちゃですよね(笑)」と笑っていた。

舞台挨拶の締めに司会者からメッセージを求められた草川は「自分の中でもすごく好きな役だったので、大切な作品になりました。予告編だけ観るとビックリしちゃうかもしれないけど、それぞれのキャラクターにめちゃくちゃストーリーがあるし、奥深い作品だと思うので、たくさんの方に観てほしいと思っています」と思いを語り、「ありがとうございました!」と深々挨拶をしてイベントを終えた。

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play