Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

ミンホ(SHINee)

SHINeeミンホ、初のソロファンイベントに2万人動員「皆さんが僕の希望です」

ナタリー

19/2/24(日) 22:51

SHINeeのミンホが、2月23、24日に東京・武蔵野の森総合スポーツプラザ メインアリーナでファンイベント「CHOI MINHO FANMEETING -Best CHOI's MINHO-」を開催した。この記事では23日公演の模様をレポートする。

ミンホがソロでファンイベントを行うのはこれが初めてでチケットはソールドアウト。両日合わせて約2万人を動員した。ファンで埋め尽くされたアリーナに、白いシャツにベストを合わせて登場したミンホはMaroon 5「Sunday Morning」でライブをスタート。来場者はSHINeeのイメージカラー・パールアクアグリーンのペンライトを掲げながら、ミンホの歌声に聴き入った。

ここからは司会のお笑いコンビ・どりあんずとミンホがトークをしながらイベントが進行していく。どりあんずの「炎のカリスマ、ミンホ!」という呼び込みで改めてステージに現れたミンホは「SHINeeのミンホです! 初のファンミーティングへようこそ!」と声を上げ、「僕の体を燃やすつもりでがんばります!」と意気込んだ。ミンホの深層心理を4択のテスト形式で探っていく心理テストのコーナーでは、ミンホが「草原に咲いている一輪の花を見てあなたはどう思いましたか?」という質問に「せっかく咲いているのに、手折るなんてできないと思ってただ見ていた」という答えを選択。これは「理想の恋」がわかる心理テストで、ミンホが選んだ回答から「何があってもグッと心に秘めて耐え忍ぶ恋。相手を思って我慢したり、見えないところで尽くそうとする」という深層心理があると明かされると、冗談交じりに「それが俺だ!」と決め顔でシャウトした。

ミンホの俳優活動にスポットを当てたコーナーでは、出演作の映像を上映しながらミンホが演技への気持ちを語る。ミンホは18歳のときにドラマ「ピアニスト」で俳優デビューを果たし、これまでに映画4本、ドラマ8本に出演してきた。「ピアニスト」についてミンホは「初めてのドラマだったので、今も忘れられないです。ピアノの練習もがんばりました。最初の撮影が車のシーンだったんですが、そのときの天気、空気、感情とかも覚えてます」と当時を振り返る。俳優活動への興味や演技へのこだわりについては「僕の子供の頃の夢はサッカー選手だったんですが、2番目の夢が俳優だったんです。カッコいい姿に憧れてました」「役作りのこだわりは、役と僕の共通点を探して、僕の姿を見せながら新しい姿を混ぜて表現しようとしています」と語った。「セリフを覚えるのは大変ですか?」という質問には「覚えるのは難しいけど、台本をまるまる覚えて100%にして本番で200%の力を出す」と回答。SHINeeのミンホ、俳優のチェ・ミンホとの違いを聞かれると「メンバーがいないことが一番の違いです(笑)。メンバーがいるとたくさん助けてもらえるけど、俳優のときは1人で全部がんばらないといけないので、メンバーたちのありがたさがすごくわかります。ありがとー!」と、韓国にいるメンバーに向かって感謝の言葉を叫んだ。「日本の映画、ドラマは見ますか?」という質問には「もちろんです。『プライド』『君の膵臓をたべたい』『海街diary』とか大好きです」と答えた。その後、どりあんずから「いきなりなんですが、演技を見せてくれないですか?」と無茶振りされると、ミンホは「いいですよ」とそれを快諾。ドラマ「初めてだから」のセリフを日本語にして「僕、君に狂いたい!」と決めると、会場からは黄色い歓声が上がった。

トークコーナーのあとミンホは「好きなアーティストであり俳優さんの曲を歌います」と前置きをして、福山雅治「Heart」を熱唱。スポーツ万能な一面を見せる「カリスマMINHO」のコーナーでは「1分間に座った状態で成功したバスケットボールのフリースロー最多記録」というギネス記録に挑戦することに。ギネス記録公式認定員、審判員、測定員も同席し、あぐらをかいた状態からフリースローでゴール20回以上を目指して1分間スローイングを繰り返す。全3回トライした中で最高のゴール回数は10回。残念ながらギネス記録には届かなかったものの、そのファイティングスピリットに観客から惜しみない拍手が送られた。

ゲームコーナーでは借り物競争が行われた。ボックスから引いた紙に書かれたアイテムを、ミンホがファンの客席を回って借りてくるというもので、彼は3階と4階スタンド席、アリーナ席と会場のすべてのスペースを順番に回り、ファンからお題のアイテムを借りてきた。イベント後半でミンホはダンサーと共にチャーリー・プース「Attention」に乗ってダンスを披露。続いてトロッコに乗り込むと、SHINeeの「3 2 1」「Boys Meet U」「Diamond Sky」をアリーナを巡りながら歌った。メインステージに戻ったミンホはSHINeeのメドレーをダンスパフォーマンス。しなやかさと切れ味を合わせ持つダンスで「Sherlock」「Good Evening」「LUCIFER」「Everybody」といったキラーチューンを届けた。

イベントが終盤に差し掛かったところでミンホは「どうしても、皆さんと一緒に楽しむ時間を作りたくてこのステージを準備しました。こうして、皆さんと思い出を作ることができてホントに幸せですし、会いに来てくれてホントにありがとうございます」とファンに感謝の気持ちを伝える。そして「最後に皆さんに聴いてもらいたい曲があります」と語ってSMAP「夜空ノムコウ」を歌った。最後のMCでミンホは「皆さんに心を込めて歌いましたが、伝わりましたか。皆さんと僕は、お互い信じていきたいと思います。これから少し離れることになりますが、夜空を見るといつも皆さんとつながっていると思うようにします。皆さんもそうしてほしいです。僕は、皆さんの全部が大好きです。少しの間、テミンがSHINeeを代表してがんばるので応援してください。約束だよ。皆さん、今日は本当にありがとうございました。いつも、皆さんが僕の希望です。また会いましょう!」と話、SHINeeのライブのときと同様に親指を上げて会場全体に挨拶。「皆さん、今日という日を絶対に忘れないでください! 皆さん、最高!」と声を上げてイベントを締めくくった。

アプリで読む