Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「愛唄 ー約束のナクヒトー」公開記念舞台挨拶の様子。前列左から川村泰祐、清原果耶、横浜流星、飯島寛騎。後列左からNo titleのポチ、ほのか、あんべ。

「愛唄」先輩ライダーに感謝した“愛東映”の飯島寛騎に横浜流星が「僕も一応特撮…」

ナタリー

19/1/26(土) 19:15

「愛唄 ー約束のナクヒトー」の公開記念舞台挨拶が本日1月26日に東京・新宿バルト9で行われ、キャストの横浜流星、清原果耶、飯島寛騎、監督を務めた川村泰祐、主題歌を歌うNo titleが登壇した。

GReeeeNの映画プロジェクト第2弾にあたる本作は、彼らが自身の楽曲「愛唄」への思いを物語として紡いだ青春ドラマ。恋をする勇気を持てないまま大人になった主人公・野宮透が、旧友との再会や詩との出会いを通して変化していくさまが描かれる。横浜が透、清原がヒロインの伊藤凪、飯島が透の旧友・坂本龍也を演じた。

2016年に「仮面ライダーエグゼイド」で主演を務めた飯島は「『愛唄』には渡部秀さんと西銘駿くんと出てるんですが、(仮面)ライダーの先輩方のお力を借りて僕も支えられたなと思います」と感謝を伝え、「西銘くんとはバンド仲間の役。カラオケのシーンではすごく盛り上げてくれて助けられた。思い出深いシーンです」と述べる。「烈車戦隊トッキュウジャー」に出演していた横浜は「僕も一応、特撮やってて……」と飯島に自分も特撮の先輩であることを暗に伝えると、「そうですよね! でもライダーの……先輩方ということで。もちろん(横浜は)先輩ですけど(笑)」と笑いながら応答した。

タイトルにちなみ、自分が大切にしているものや好きなものを「愛◯◯」と紹介するコーナーも。先の特撮の話題に続き、飯島は本作の配給会社である東映に感謝の気持ちを込めて「愛東映」を掲げ、「デビュー作に続き、この映画でもお世話になった。本当にご縁があるなと思って。今後も自分としては東映さんの期待に応えていきたい」と東映愛をコメント。この回答に横浜も「僕も東映への思いは強いです……!(笑)」と張り合って笑いを誘った。そんな横浜は「愛緑(GReeeeN)」と発表し「前作の『キセキ ーあの日のソビトー』に出させていただきましたし、初めて買ったCDがGReeeeNさんのアルバム。そして今回『愛唄』で主演を務めさせていただいた。こんなにも愛しているのは僕だけというぐらい、愛してやまない存在です」と語った。

続いてGReeeeNが制作した主題歌「約束 × No title」に参加している、青森県出身の現役高校生バンド・No titleが同曲を生披露した。ボーカルのほのかと同い歳である清原は、彼女と対談したときのことを述懐する。「(曲を)噛みしめる時間が……」と言葉を詰まらせながら、「一番頭のパートを凪の気持ちに寄り添って、彼女の目線で歌っていると伺っていたので。それ以来、私も凪の気持ちで聴くようになって、こうして生演奏を前にすると、いやあ……うれしいです。感極まってます」と喜びを隠せない。横浜も「最初の部分は凪、そして透の目線でも聴けて感情移入できて。自分の中でも大切な曲を生披露していただき心を動かされました。本当に素敵な演奏をありがとうございます」と伝えた。

(c)2018「愛唄」製作委員会

アプリで読む